Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 樺島 勝一(かばしま かついち、1888年7月21日 - 1965年5月31日)は日本の挿絵画家、漫画家である。長崎県諫早市生まれ。 本名、椛島 勝一(かばしま かついち)。大正末期から昭和前期にかけて次々と「少年倶楽部」(講談社)などの少年雑誌が創刊され、なかでも人気を博していた山中峯太郎・南洋一郎・海野十三等の「軍事・冒険小説」に軍艦・戦車・飛行機・動物などの重厚で細密なペン画を提供し「船のカバシマ」などの異名を得た。代表作に『正チャンの冒険』、『敵中横断三百里』、『亜細亜の曙』、『吼える密林』など。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1395798 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1433 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53374742 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 樺島 勝一(かばしま かついち、1888年7月21日 - 1965年5月31日)は日本の挿絵画家、漫画家である。長崎県諫早市生まれ。 本名、椛島 勝一(かばしま かついち)。大正末期から昭和前期にかけて次々と「少年倶楽部」(講談社)などの少年雑誌が創刊され、なかでも人気を博していた山中峯太郎・南洋一郎・海野十三等の「軍事・冒険小説」に軍艦・戦車・飛行機・動物などの重厚で細密なペン画を提供し「船のカバシマ」などの異名を得た。代表作に『正チャンの冒険』、『敵中横断三百里』、『亜細亜の曙』、『吼える密林』など。
rdfs:label
  • 樺島勝一
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of