Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 樫原廃寺跡(かたぎはらはいじあと)は、京都府京都市西京区樫原にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。京都市西南部の長岡丘陵東麓に位置する。7世紀半ば(飛鳥時代後期)に建立され、平安時代中期に廃絶したと考えられる。寺名が判明しなかったため地名をとって名付けられた。現在では、復元された八角塔(基壇)を中心に周辺一帯が史跡公園となっている。
dbpedia-owl:address
  • 京都府京都市西京区樫原内垣外町
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1311698 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1365 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48315606 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:創建年
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • 樫原廃寺跡
prop-ja:所在地
  • 京都府京都市西京区樫原内垣外町
prop-ja:文化財
  • --03-01
prop-ja:画像
  • 240 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 樫原廃寺跡(かたぎはらはいじあと)は、京都府京都市西京区樫原にある古代寺院跡。国の史跡に指定されている。京都市西南部の長岡丘陵東麓に位置する。7世紀半ば(飛鳥時代後期)に建立され、平安時代中期に廃絶したと考えられる。寺名が判明しなかったため地名をとって名付けられた。現在では、復元された八角塔(基壇)を中心に周辺一帯が史跡公園となっている。
rdfs:label
  • 樫原廃寺跡
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 樫原廃寺跡
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of