Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 横田 頼業(よこた よりなり)は鎌倉時代中期の鎌倉幕府の御家人。宇都宮頼綱の次男。嘉禎3年(1237年)10月に横田城を築いて居城とし、横田郷千余町を支配して横田氏を創始する。建長元年(1249年)には、上三川城を築いて居城を移している。母は稲毛重成の娘であり、上条時綱は同母兄にあたる。寛喜元年9月になると当主である兄の宇都宮泰綱の活動が活発化し、それに伴い頼業や兄弟である時綱、宗朝、従兄弟にあたる塩谷親朝、笠間時朝兄弟らとともに幕府に出仕し活躍した。吾妻鏡には、承久元年(1220年)5月20日の藤原頼経の関東下向の先陣に名を連ねるのを始めとして、数多くの記述にその名が散見され、また、知勇兼備の武将として名高く、歌人として文化的に活躍するだけでなく、承久軍物語では、特筆してその武勇が讃えられており、有力御家人として活躍していた事がうかがえる。仁治(1240年)元年には伊予国の守護職に就いていた。宝治元年6月5日(1247年7月8日)に起きた宝治合戦では、同母兄の上条時綱と対立し、三浦氏に加担しなかったので粛清から逃れることができた。時綱は三浦一族とともに鎌倉法華堂で自害し、子の時村は宇都宮小田橋で殺害された。建治3年8月11日没。享年83。
dbpedia-owl:alias
  • 宇都宮頼業、四郎左衛門尉、判官
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3126590 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1470 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55566286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 宇都宮頼業、四郎左衛門尉、判官
prop-ja:
prop-ja:
  • 親泰、時業、実業、秀業、頼基、松野業義、蒲生秀頼、
  • 養子:横田泰親
prop-ja:官位
  • 越中守、伊予守護
prop-ja:幕府
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --08-11
prop-ja:氏名
  • 横田頼業
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:宇都宮頼綱、母:稲毛重成娘
prop-ja:生誕
  • 建久6年(1195年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 横田 頼業(よこた よりなり)は鎌倉時代中期の鎌倉幕府の御家人。宇都宮頼綱の次男。嘉禎3年(1237年)10月に横田城を築いて居城とし、横田郷千余町を支配して横田氏を創始する。建長元年(1249年)には、上三川城を築いて居城を移している。母は稲毛重成の娘であり、上条時綱は同母兄にあたる。寛喜元年9月になると当主である兄の宇都宮泰綱の活動が活発化し、それに伴い頼業や兄弟である時綱、宗朝、従兄弟にあたる塩谷親朝、笠間時朝兄弟らとともに幕府に出仕し活躍した。吾妻鏡には、承久元年(1220年)5月20日の藤原頼経の関東下向の先陣に名を連ねるのを始めとして、数多くの記述にその名が散見され、また、知勇兼備の武将として名高く、歌人として文化的に活躍するだけでなく、承久軍物語では、特筆してその武勇が讃えられており、有力御家人として活躍していた事がうかがえる。仁治(1240年)元年には伊予国の守護職に就いていた。宝治元年6月5日(1247年7月8日)に起きた宝治合戦では、同母兄の上条時綱と対立し、三浦氏に加担しなかったので粛清から逃れることができた。時綱は三浦一族とともに鎌倉法華堂で自害し、子の時村は宇都宮小田橋で殺害された。建治3年8月11日没。享年83。
rdfs:label
  • 横田頼業
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 横田頼業
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of