Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 標準時(ひょうじゅんじ、standard time)とは、ある国または広い地域が共通で使う地方時をいう。地方時とはある地域・地点の時刻で、元来は平均太陽時であり、観測地点に依存し、経度の違いで1度あたり4分の時差が発生する。古くは、離れた都市はそれぞれの時刻を用い、同一の時刻に合わせることはなかった。これに対して標準時では、広い地域が共通の時刻を用いる。標準時で用いる時刻は、現在は協定世界時 (UTC) との差が1時間もしくは30分単位になる経度の地点の時刻を用いることが多い。その経度の選定は、国や地域が広がる経度の範囲の中心や、人口密度、都市の位置、その標準時が使われる地域間の時差などが考慮される。共通の標準時を使う地域全体を「標準時間帯」、「時間帯」、「等時帯」、「時刻帯」または「タイムゾーン(time zone)」といい、その地域の標準時を示す際にはUTCとの差で示すことが多い。また国によって夏時間が使われる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 28823 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6903 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 61 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58990992 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 標準時(ひょうじゅんじ、standard time)とは、ある国または広い地域が共通で使う地方時をいう。地方時とはある地域・地点の時刻で、元来は平均太陽時であり、観測地点に依存し、経度の違いで1度あたり4分の時差が発生する。古くは、離れた都市はそれぞれの時刻を用い、同一の時刻に合わせることはなかった。これに対して標準時では、広い地域が共通の時刻を用いる。標準時で用いる時刻は、現在は協定世界時 (UTC) との差が1時間もしくは30分単位になる経度の地点の時刻を用いることが多い。その経度の選定は、国や地域が広がる経度の範囲の中心や、人口密度、都市の位置、その標準時が使われる地域間の時差などが考慮される。共通の標準時を使う地域全体を「標準時間帯」、「時間帯」、「等時帯」、「時刻帯」または「タイムゾーン(time zone)」といい、その地域の標準時を示す際にはUTCとの差で示すことが多い。また国によって夏時間が使われる。
rdfs:label
  • 標準時
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:ibTh of
is foaf:primaryTopic of