槍(やり)は、刺突を主目的とする猟具、武器・武具の一種。投擲することを目的としたものは投槍という。有史以前から人類が使用し続け、銃剣に代替されるまで長く戦場で使われ続けた。鎗、鑓とも書く。現代中国語で、「槍」(qiāng, ㄑㄧㄤ)という漢字は銃を表す(本来の槍と区別するために銃を「火槍」と表記することもある)。日本で(現代日本語で意味するところの)槍が使われた例は、絵画では『』(元亨3年(1323年))まで辿ることができ、また、「やり」という日本語は、建武政権期に大光寺合戦(1333年–1334年)で「矢利」が使用されたとあるのが初出である。

Property Value
dbo:abstract
  • 槍(やり)は、刺突を主目的とする猟具、武器・武具の一種。投擲することを目的としたものは投槍という。有史以前から人類が使用し続け、銃剣に代替されるまで長く戦場で使われ続けた。鎗、鑓とも書く。現代中国語で、「槍」(qiāng, ㄑㄧㄤ)という漢字は銃を表す(本来の槍と区別するために銃を「火槍」と表記することもある)。日本で(現代日本語で意味するところの)槍が使われた例は、絵画では『』(元亨3年(1323年))まで辿ることができ、また、「やり」という日本語は、建武政権期に大光寺合戦(1333年–1334年)で「矢利」が使用されたとあるのが初出である。 (ja)
  • 槍(やり)は、刺突を主目的とする猟具、武器・武具の一種。投擲することを目的としたものは投槍という。有史以前から人類が使用し続け、銃剣に代替されるまで長く戦場で使われ続けた。鎗、鑓とも書く。現代中国語で、「槍」(qiāng, ㄑㄧㄤ)という漢字は銃を表す(本来の槍と区別するために銃を「火槍」と表記することもある)。日本で(現代日本語で意味するところの)槍が使われた例は、絵画では『』(元亨3年(1323年))まで辿ることができ、また、「やり」という日本語は、建武政権期に大光寺合戦(1333年–1334年)で「矢利」が使用されたとあるのが初出である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 42728 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 39415 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81593137 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 槍(やり)は、刺突を主目的とする猟具、武器・武具の一種。投擲することを目的としたものは投槍という。有史以前から人類が使用し続け、銃剣に代替されるまで長く戦場で使われ続けた。鎗、鑓とも書く。現代中国語で、「槍」(qiāng, ㄑㄧㄤ)という漢字は銃を表す(本来の槍と区別するために銃を「火槍」と表記することもある)。日本で(現代日本語で意味するところの)槍が使われた例は、絵画では『』(元亨3年(1323年))まで辿ることができ、また、「やり」という日本語は、建武政権期に大光寺合戦(1333年–1334年)で「矢利」が使用されたとあるのが初出である。 (ja)
  • 槍(やり)は、刺突を主目的とする猟具、武器・武具の一種。投擲することを目的としたものは投槍という。有史以前から人類が使用し続け、銃剣に代替されるまで長く戦場で使われ続けた。鎗、鑓とも書く。現代中国語で、「槍」(qiāng, ㄑㄧㄤ)という漢字は銃を表す(本来の槍と区別するために銃を「火槍」と表記することもある)。日本で(現代日本語で意味するところの)槍が使われた例は、絵画では『』(元亨3年(1323年))まで辿ることができ、また、「やり」という日本語は、建武政権期に大光寺合戦(1333年–1334年)で「矢利」が使用されたとあるのが初出である。 (ja)
rdfs:label
  • (ja)
  • (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:type of
is prop-ja:使用武器 of
is prop-ja:兵器 of
is prop-ja:手段 of
is prop-ja:武器 of
is prop-ja:象徴 of
is foaf:primaryTopic of