Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 榊原新左衛門(さかきばらしんざえもん、天保5年(1834年) - 慶應元年4月5日(1865年4月29日))は幕末期の政治家であり尊皇志士諱は照煦。仮名は新左衛門。幼名は錩之介。父は榊原新蔵照賢、母は粕谷氏。養父は伯父・榊原新左衛門照融。水戸藩家老として政務を執る一方、尊皇派として国事に奔走し、尊皇派の将として水戸天狗党の乱にて捕縛され古河藩にて切腹した。墓所は茨城県水戸市松本町常磐共有墓地。位階は贈従四位。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 479974 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2108 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 71 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50693117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 榊原新左衛門(さかきばらしんざえもん、天保5年(1834年) - 慶應元年4月5日(1865年4月29日))は幕末期の政治家であり尊皇志士諱は照煦。仮名は新左衛門。幼名は錩之介。父は榊原新蔵照賢、母は粕谷氏。養父は伯父・榊原新左衛門照融。水戸藩家老として政務を執る一方、尊皇派として国事に奔走し、尊皇派の将として水戸天狗党の乱にて捕縛され古河藩にて切腹した。墓所は茨城県水戸市松本町常磐共有墓地。位階は贈従四位。
rdfs:label
  • 榊原新左衛門
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of