Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 検注(けんちゅう)とは、古代後期から中世にかけての日本の荘園公領制で行われた土地調査。国司や荘園領主が国衙領などの公領や荘園を支配し、年貢・公事・夫役などの租税を収取されるために土地の面積を丈量するとともに田畠や桑漆、山野、在家などの所在状況が確認された。検注には目的や方法によって立券検注・荘内検注・正検注(大検注)・内検注・居合検注などがあった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2385085 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49056478 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 検注(けんちゅう)とは、古代後期から中世にかけての日本の荘園公領制で行われた土地調査。国司や荘園領主が国衙領などの公領や荘園を支配し、年貢・公事・夫役などの租税を収取されるために土地の面積を丈量するとともに田畠や桑漆、山野、在家などの所在状況が確認された。検注には目的や方法によって立券検注・荘内検注・正検注(大検注)・内検注・居合検注などがあった。
rdfs:label
  • 検注
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of