Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 植物油(しょくぶつゆ)は採取方法で大きく三つに分けられる。まず圧力で絞る方法があり、この方法で作られたものを圧搾油と言う。次に、水などの別の液に溶かし込む方法があり、この方法で作られたものを抽出油と呼ぶ。圧搾と抽出を組み合わせることもある。圧搾油と抽出油をあわせて粗油と言う。粗油は吸着や濾過処理をして使用する。三つめは、粗油を水蒸気蒸留などで精製する方法で、この方法で得られた油を精油(エッセンシャルオイル)という(詳細は精油#精油を採る方法参照)。精油にハーブの香りなどの成分を抽出させたものを浸出油と呼ぶ。ほとんどの植物には油が含まれているが、食用に使えるものは少なく、余り知られていないものを含めてもそれほど多くない。植物油の分類法はいくつかある。例えば: 原料による分類 : 「ナッツオイル」など、果実や種の種類などでわける方法。 用途による分類 : 料理用、燃料用、化粧用、医療用など、目的で分類する方法。 成分による分類 : グリセリンと脂肪酸の化合物で、一般にトリグリセリド(トリ-O-アシルグリセリン)の形態をとる、不揮発性の「油脂」か、テルペノイドなどを主成分とした揮発性の「精油」かでわける方法。本記事では、主として用途で分類した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1485977 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 40027 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 319 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59037310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 植物油(しょくぶつゆ)は採取方法で大きく三つに分けられる。まず圧力で絞る方法があり、この方法で作られたものを圧搾油と言う。次に、水などの別の液に溶かし込む方法があり、この方法で作られたものを抽出油と呼ぶ。圧搾と抽出を組み合わせることもある。圧搾油と抽出油をあわせて粗油と言う。粗油は吸着や濾過処理をして使用する。三つめは、粗油を水蒸気蒸留などで精製する方法で、この方法で得られた油を精油(エッセンシャルオイル)という(詳細は精油#精油を採る方法参照)。精油にハーブの香りなどの成分を抽出させたものを浸出油と呼ぶ。ほとんどの植物には油が含まれているが、食用に使えるものは少なく、余り知られていないものを含めてもそれほど多くない。植物油の分類法はいくつかある。例えば: 原料による分類 : 「ナッツオイル」など、果実や種の種類などでわける方法。 用途による分類 : 料理用、燃料用、化粧用、医療用など、目的で分類する方法。 成分による分類 : グリセリンと脂肪酸の化合物で、一般にトリグリセリド(トリ-O-アシルグリセリン)の形態をとる、不揮発性の「油脂」か、テルペノイドなどを主成分とした揮発性の「精油」かでわける方法。本記事では、主として用途で分類した。
rdfs:label
  • 植物油の一覧
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of