Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 森繁 久彌(もりしげ ひさや、1913年5月4日 - 2009年11月10日)は、日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。最終期はアクターズセブン所属。別表記に森繁久弥。昭和・平成の芸能界を代表する国民的名優であり、映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手・エッセイストなど幅広い分野で活躍した。早稲田大学を中退後、NHKアナウンサーとなって満州へ赴任。帰国後、舞台やラジオ番組の出演で次第に喜劇俳優として注目され、映画『三等重役』『社長シリーズ』『駅前シリーズ』で人気を博した。人よりワンテンポ早い軽快な演技に特色があり、自然な演技の中で喜劇性を光らせることができるユニークな存在として、後進の俳優たちにも大きな影響を与えた。また、『夫婦善哉』『警察日記』等の作品での演技が高く評価され、シリアスな役柄もこなした。映画出演総数は約250本を超える。舞台ではミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』で主演し、上演回数900回・観客動員約165万人の記録を打ちたてた。『知床旅情』の作詞・作曲者でもあり、歌手として紅白歌合戦に7年連続で出場している。語りのうまさには「森繁節」と言われるほど定評があり、ラジオ番組『日曜名作座』への出演のほか、朗読作も多い。先に亡くなっていく俳優たちへの弔辞を読む姿でも知られる。慈善活動にも尽力し、自身の寄付活動を伴淳三郎らとともにあゆみの箱として法人化している。著書に自伝『森繁自伝』、エッセイ『品格と色気と哀愁と』など多数。1991年(平成3年)に大衆芸能分野で初の文化勲章を受章。ほかの栄典・称号に紫綬褒章、文化功労者、名誉都民、国民栄誉賞、従三位など。
dbpedia-owl:birthYear
  • 1913-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathYear
  • 2009-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:notableWork
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 125575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 28246 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59211078 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:id
  • 605662 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • Hisaya Morishige
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:その他の賞
  • 1955 (xsd:integer)
  • 2009 (xsd:integer)
  • 毎日映画コンクール
  • 特別賞
  • 男優主演賞
prop-ja:ふりがな
  • もりしげ ひさや
prop-ja:ジャンル
prop-ja:ブルーリボン賞
  • 1955 (xsd:integer)
  • 主演男優賞
prop-ja:主な作品
  • 映画
  • テレビドラマ
  • 『駅前シリーズ』
  • 『おやじのヒゲ』
  • 『だいこんの花』
  • 『七人の孫』
  • 『夫婦善哉』
  • 『恍惚の人』
  • 『次郎長三国志』シリーズ
  • 『社長シリーズ』
  • 『警察日記』
prop-ja:出生地
  • ・大阪府枚方市上之町
prop-ja:日本アカデミー賞
  • 1984 (xsd:integer)
  • 1991 (xsd:integer)
  • 2010 (xsd:integer)
  • 協会栄誉賞
  • 優秀主演男優賞
prop-ja:本名
  • 同じ(旧姓:菅沼)
prop-ja:死没地
  • ・東京都
prop-ja:没年
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:没日
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:没月
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:活動内容
  • 1934 (xsd:integer)
  • 1936 (xsd:integer)
  • 1939 (xsd:integer)
  • 1947 (xsd:integer)
  • 1950 (xsd:integer)
  • 1962 (xsd:integer)
  • 1967 (xsd:integer)
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:活動期間
  • 1936 (xsd:integer)
prop-ja:生年
  • 1913 (xsd:integer)
prop-ja:生日
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:生月
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:画像コメント
  • 映画『ロマンス娘』(ポスター)での森繁(右下)
prop-ja:画像ファイル
  • Romansu musume poster.jpg
prop-ja:職業
prop-ja:芸名
  • 森繁 久彌
prop-ja:著名な家族
  • (父)菅沼達吉
  • (長男)森繁泉
prop-ja:血液型
  • B型
prop-ja:身長
  • 171.0
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 森繁 久彌(もりしげ ひさや、1913年5月4日 - 2009年11月10日)は、日本の俳優、歌手、コメディアン、元NHKアナウンサー。最終期はアクターズセブン所属。別表記に森繁久弥。昭和・平成の芸能界を代表する国民的名優であり、映画・テレビ・舞台・ラジオ・歌手・エッセイストなど幅広い分野で活躍した。早稲田大学を中退後、NHKアナウンサーとなって満州へ赴任。帰国後、舞台やラジオ番組の出演で次第に喜劇俳優として注目され、映画『三等重役』『社長シリーズ』『駅前シリーズ』で人気を博した。人よりワンテンポ早い軽快な演技に特色があり、自然な演技の中で喜劇性を光らせることができるユニークな存在として、後進の俳優たちにも大きな影響を与えた。また、『夫婦善哉』『警察日記』等の作品での演技が高く評価され、シリアスな役柄もこなした。映画出演総数は約250本を超える。舞台ではミュージカル『屋根の上のバイオリン弾き』で主演し、上演回数900回・観客動員約165万人の記録を打ちたてた。『知床旅情』の作詞・作曲者でもあり、歌手として紅白歌合戦に7年連続で出場している。語りのうまさには「森繁節」と言われるほど定評があり、ラジオ番組『日曜名作座』への出演のほか、朗読作も多い。先に亡くなっていく俳優たちへの弔辞を読む姿でも知られる。慈善活動にも尽力し、自身の寄付活動を伴淳三郎らとともにあゆみの箱として法人化している。著書に自伝『森繁自伝』、エッセイ『品格と色気と哀愁と』など多数。1991年(平成3年)に大衆芸能分野で初の文化勲章を受章。ほかの栄典・称号に紫綬褒章、文化功労者、名誉都民、国民栄誉賞、従三位など。
rdfs:label
  • 森繁久彌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • もりしげ ひさや
  • 同じ(旧姓:菅沼)
  • 森繁 久彌
is dbpedia-owl:artist of
is dbpedia-owl:starring of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:artist of
is prop-ja:主題歌 of
is prop-ja:出演者 of
is prop-ja:次番組 of
is foaf:primaryTopic of