Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 森田 豊香(もりた とよか、生年不詳 - 文政11年(1828年)1月16日)は、江戸時代の歌人、国学者。武蔵国児玉郡本庄宿(現在の埼玉県本庄市)の名主。代々助左衛門を襲名していた豪商の森田(素封)家に生まれ、通称を安平治(正式には森田助左衛門豊香)。豊香は四代目に当たる。幼名は千代松。号は、橘廼屋、松陰居とも号した。没した歳に関しては、生前に交流があった清水浜臣の子である清水光房が、豊香は50代の頃に亡くなったと伝えている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1637930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 49385960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 森田 豊香(もりた とよか、生年不詳 - 文政11年(1828年)1月16日)は、江戸時代の歌人、国学者。武蔵国児玉郡本庄宿(現在の埼玉県本庄市)の名主。代々助左衛門を襲名していた豪商の森田(素封)家に生まれ、通称を安平治(正式には森田助左衛門豊香)。豊香は四代目に当たる。幼名は千代松。号は、橘廼屋、松陰居とも号した。没した歳に関しては、生前に交流があった清水浜臣の子である清水光房が、豊香は50代の頃に亡くなったと伝えている。
rdfs:label
  • 森田豊香
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of