Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 森田 嘉助(もりた かすけ、文政12年(1829年) - 慶応4年(1868年))は、江戸時代後期の武士。壬生城主・鳥居氏の主要家臣の一人。下野国出身。森田隆康の第一子。幼名玄次郎(げんじろう)。通称仁之斎(じんのさい)。兄弟に森田惟朗、森田重蔵など。妻は、同じ藩内の某女子。子に森田泰胤、森田仁久朗、森田淑子など。鳥居家が治める壬生藩において最強と云われた武士であった。父・隆康は壬生城に於いて鳥居家の武家指南役などを務めていたようである。鳥居忠意の代から、学芸指南教授方も務めている。仁之斎は壬生藩の中で、鳥居家に代々仕える側近森田氏の直系筋の一人であるとされている。1845年(弘化2)、家督を相続。1868年(慶応4)、鳥羽・伏見の戦いで戦死。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 819606 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1341 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 42975899 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 森田 嘉助(もりた かすけ、文政12年(1829年) - 慶応4年(1868年))は、江戸時代後期の武士。壬生城主・鳥居氏の主要家臣の一人。下野国出身。森田隆康の第一子。幼名玄次郎(げんじろう)。通称仁之斎(じんのさい)。兄弟に森田惟朗、森田重蔵など。妻は、同じ藩内の某女子。子に森田泰胤、森田仁久朗、森田淑子など。鳥居家が治める壬生藩において最強と云われた武士であった。父・隆康は壬生城に於いて鳥居家の武家指南役などを務めていたようである。鳥居忠意の代から、学芸指南教授方も務めている。仁之斎は壬生藩の中で、鳥居家に代々仕える側近森田氏の直系筋の一人であるとされている。1845年(弘化2)、家督を相続。1868年(慶応4)、鳥羽・伏見の戦いで戦死。
rdfs:label
  • 森田嘉助
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of