Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 森 忠徳(もり ただのり)は、播磨赤穂藩の第10代藩主。赤穂藩森家16代。文化15年(1818年)3月24日、第9代藩主・森忠敬の三男として生まれる。父の死後、家督は兄の忠貫が継いでいたが、文政10年(1827年)5月に早世した。忠貫には嗣子が無く、藩では改易や減封を恐れて6月に忠徳を忠貫の替え玉(表向きは同一人物)として擁立した。そのため記録上では、文政7年(1824年)8月5日に家督を継いだことにされている。天保3年(1832年)12月26日、従五位下・信濃守に叙位・任官する。若年のため、分家の森主税家出身の家老・森可真が藩政を行い、緊縮財政政策を採用して藩財政の再建を目指した。しかし、天保の大飢饉でさらなる被害を受け、窮した可真は借金返済の繰り延べを商人に求めたが、逆にその商人らに大坂城代に訴えられるほどで、結局のところ天保9年(1838年)に失脚する。代わって藩主一門の森采女家出身の家老・森三勝が実権を握り、倹約を中心とした5ヵ年計画を行ったが、嘉永2年(1849年)に借金が27万両になるなどして効果がなく、失敗して失脚する。今度は、藩主一門の森続之丞家出身の家老・森可則と勘定奉行・鞍懸寅次郎による改革が行われる。この間、忠徳は病弱で藩政を執ることもできず、長男・忠弘が名代として藩政を行っていたが、この改革も忠弘の急死によって失敗し、可則らは可真によって追放・蟄居に処せられ、以後は可真によって赤穂藩は専横されることとなる。忠徳は文久2年(1862年)1月21日、次男・忠典に家督を譲って隠居する。明治14年(1881年)12月27日に死去した。享年64。
dbpedia-owl:alias
  • 詮道丸・勝蔵(幼名)、忠徳
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:deathDate
  • 1927-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1272219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1659 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54616050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:兄弟
prop-ja:墓所
  • 東京都港区東麻生の瑠璃光寺
prop-ja:
  • 正室:酒井忠嗣の娘
  • 継々室:牧野貞幹の娘
  • 継室:小笠原長昌の娘
prop-ja:
prop-ja:官位
  • 従五位下、信濃守、右兵衛佐、越中守
prop-ja:幕府
prop-ja:改名
  • 詮道丸・勝蔵(幼名)、忠徳
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --12-27
prop-ja:氏名
  • 森 忠徳
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:森忠敬、母:東姫(酒井忠実の娘)
prop-ja:生誕
  • --03-24
prop-ja:
  • 播磨赤穂藩主
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 森 忠徳(もり ただのり)は、播磨赤穂藩の第10代藩主。赤穂藩森家16代。文化15年(1818年)3月24日、第9代藩主・森忠敬の三男として生まれる。父の死後、家督は兄の忠貫が継いでいたが、文政10年(1827年)5月に早世した。忠貫には嗣子が無く、藩では改易や減封を恐れて6月に忠徳を忠貫の替え玉(表向きは同一人物)として擁立した。そのため記録上では、文政7年(1824年)8月5日に家督を継いだことにされている。天保3年(1832年)12月26日、従五位下・信濃守に叙位・任官する。若年のため、分家の森主税家出身の家老・森可真が藩政を行い、緊縮財政政策を採用して藩財政の再建を目指した。しかし、天保の大飢饉でさらなる被害を受け、窮した可真は借金返済の繰り延べを商人に求めたが、逆にその商人らに大坂城代に訴えられるほどで、結局のところ天保9年(1838年)に失脚する。代わって藩主一門の森采女家出身の家老・森三勝が実権を握り、倹約を中心とした5ヵ年計画を行ったが、嘉永2年(1849年)に借金が27万両になるなどして効果がなく、失敗して失脚する。今度は、藩主一門の森続之丞家出身の家老・森可則と勘定奉行・鞍懸寅次郎による改革が行われる。この間、忠徳は病弱で藩政を執ることもできず、長男・忠弘が名代として藩政を行っていたが、この改革も忠弘の急死によって失敗し、可則らは可真によって追放・蟄居に処せられ、以後は可真によって赤穂藩は専横されることとなる。忠徳は文久2年(1862年)1月21日、次男・忠典に家督を譲って隠居する。明治14年(1881年)12月27日に死去した。享年64。
rdfs:label
  • 森忠徳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 森 忠徳
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:sibling of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of