Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 森 尚謙(もり しょうけん、承応2年閏6月19日(1653年8月12日) - 享保6年3月13日(1721年4月9日))は、江戸中期の儒学者、水戸藩士。摂津天満の医師森壽庵の息子。大坂で福住道祐に医術を、京都で松永昌易に儒学を学び、貞享元年(1684年)、徳川光圀の招きを受け、後の『大日本史』の根幹を成した。字は利渉。復庵、不染居士、儼塾と号す。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2002208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2961 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56318784 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 森 尚謙(もり しょうけん、承応2年閏6月19日(1653年8月12日) - 享保6年3月13日(1721年4月9日))は、江戸中期の儒学者、水戸藩士。摂津天満の医師森壽庵の息子。大坂で福住道祐に医術を、京都で松永昌易に儒学を学び、貞享元年(1684年)、徳川光圀の招きを受け、後の『大日本史』の根幹を成した。字は利渉。復庵、不染居士、儼塾と号す。
rdfs:label
  • 森尚謙
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of