Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 梶田 ミチ子(かじた みちこ、1952年(昭和27年)- )は、日本の航空自衛官である。最終階級は空将補。佐伯光海将補(海上自衛隊医官)に続いて三自衛隊では2例目、航空自衛隊で初の女性将官であった。なお同じ自衛官であっても特別とされる医官・歯科医官を除く、初の女性将官でもある。奈良女子大学を卒業後、1977年(昭和52年)航空自衛隊に一般幹部候補生(A幹部)として入隊。卓越した指揮能力が認められ、三自衛隊女性自衛官として初めて指揮幕僚課程教育を受けた。最終補職は航空自衛隊航空教育隊第2教育群(熊谷基地・主に東日本に居住する入隊直後の男子航空自衛官に対し、自衛官の基礎を教育する部隊)司令。2006年(平成18年)4月から2007年(平成19年)12月3日空将補に特別昇任・退官するまでその指揮を執った。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1517676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 805 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 22 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58795944 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 梶田 ミチ子(かじた みちこ、1952年(昭和27年)- )は、日本の航空自衛官である。最終階級は空将補。佐伯光海将補(海上自衛隊医官)に続いて三自衛隊では2例目、航空自衛隊で初の女性将官であった。なお同じ自衛官であっても特別とされる医官・歯科医官を除く、初の女性将官でもある。奈良女子大学を卒業後、1977年(昭和52年)航空自衛隊に一般幹部候補生(A幹部)として入隊。卓越した指揮能力が認められ、三自衛隊女性自衛官として初めて指揮幕僚課程教育を受けた。最終補職は航空自衛隊航空教育隊第2教育群(熊谷基地・主に東日本に居住する入隊直後の男子航空自衛官に対し、自衛官の基礎を教育する部隊)司令。2006年(平成18年)4月から2007年(平成19年)12月3日空将補に特別昇任・退官するまでその指揮を執った。
rdfs:label
  • 梶田ミチ子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of