Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 桿体細胞(かんたいさいぼう)は、視細胞の一種。桿細胞、桿状細胞、棒細胞などとも呼ばれる。眼球の網膜上に存在し、色素としてロドプシンをもつ。桿体細胞は単独の視物質のみを発現するため、表面的には色覚にはほぼ関与しないが、感度が高い。暗所では錐体細胞はほとんど働かず、主に桿体細胞が働く。このため暗所では、物の形がかなり判る場合であっても、色の差異はあってもはっきりとは判らない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 703608 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1917 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57051203 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:name
  • 桿体細胞
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:器官
prop-ja:画像
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 桿体細胞
prop-ja:神経
prop-ja:英語
  • Rod cell
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 桿体細胞(かんたいさいぼう)は、視細胞の一種。桿細胞、桿状細胞、棒細胞などとも呼ばれる。眼球の網膜上に存在し、色素としてロドプシンをもつ。桿体細胞は単独の視物質のみを発現するため、表面的には色覚にはほぼ関与しないが、感度が高い。暗所では錐体細胞はほとんど働かず、主に桿体細胞が働く。このため暗所では、物の形がかなり判る場合であっても、色の差異はあってもはっきりとは判らない。
rdfs:label
  • 桿体細胞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of