Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 核データ(かくデータ)とは原子核に関するさまざまな計測もしくは評価された物理的反応確率のことを示す。これは多くのモデルやシミュレーションの基本的な入力として使うことにより、相互作用の性質を理解するのに使われる。その例としては核融合炉や核分裂炉の理論計算、遮蔽や放射線防護計算、臨界安全、核兵器、原子核物理学研究、放射線療法、放射線診断学、RI内用療法、粒子加速器設計および運用、地質学や環境学、放射性廃棄物廃棄の計算、宇宙旅行で受ける線量の計算などが挙げられる。原子核物理や、原子核利用にかかわるすべての実験データを集めたものである。それには大量の散乱断面積や反応断面積、核構造、放射性崩壊のパラメータなどの物理量が含まれる。中性子や、陽子、重陽子、アルファ粒子、そして研究室で取り扱える限りの核種のものが含まれる。高品質の核データが求められる大きな理由は二つある。原子核物理学の理論モデルの開発および、放射線および原子力の利用である。この二つは多くの場合相互にかかわりを持つ。原子力の利用は理論分野の研究の動機となるし、理論は、現象や数量の予測を可能にし、新たにもしくは洗練された技術的概念を導き出すからである。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2953258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2706 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 33 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56284387 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 核データ(かくデータ)とは原子核に関するさまざまな計測もしくは評価された物理的反応確率のことを示す。これは多くのモデルやシミュレーションの基本的な入力として使うことにより、相互作用の性質を理解するのに使われる。その例としては核融合炉や核分裂炉の理論計算、遮蔽や放射線防護計算、臨界安全、核兵器、原子核物理学研究、放射線療法、放射線診断学、RI内用療法、粒子加速器設計および運用、地質学や環境学、放射性廃棄物廃棄の計算、宇宙旅行で受ける線量の計算などが挙げられる。原子核物理や、原子核利用にかかわるすべての実験データを集めたものである。それには大量の散乱断面積や反応断面積、核構造、放射性崩壊のパラメータなどの物理量が含まれる。中性子や、陽子、重陽子、アルファ粒子、そして研究室で取り扱える限りの核種のものが含まれる。高品質の核データが求められる大きな理由は二つある。原子核物理学の理論モデルの開発および、放射線および原子力の利用である。この二つは多くの場合相互にかかわりを持つ。原子力の利用は理論分野の研究の動機となるし、理論は、現象や数量の予測を可能にし、新たにもしくは洗練された技術的概念を導き出すからである。
rdfs:label
  • 核データ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of