Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 栗原 弘(くりはら ひろむ、1945年 ‐ )は、歴史学者。高知県四万十市中村に生まれる。同志社大学大学院博士課程修了。1994年「高群逸枝の婚姻女性史像の研究」で同大学文学博士。名古屋文理大学教授を経て、同志社大学非常勤講師。高群逸枝が『招婿婚の研究』で史料を改竄しており、実際には高群が主張するほど平安時代に婿とり婚が一般的ではなかったことを示した。妻は高群逸枝の伝記を書いた栗原葉子。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2017629 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 732 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57602601 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 栗原 弘(くりはら ひろむ、1945年 ‐ )は、歴史学者。高知県四万十市中村に生まれる。同志社大学大学院博士課程修了。1994年「高群逸枝の婚姻女性史像の研究」で同大学文学博士。名古屋文理大学教授を経て、同志社大学非常勤講師。高群逸枝が『招婿婚の研究』で史料を改竄しており、実際には高群が主張するほど平安時代に婿とり婚が一般的ではなかったことを示した。妻は高群逸枝の伝記を書いた栗原葉子。
rdfs:label
  • 栗原弘
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of