Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 柿沼 秀樹(かきぬま ひでき)は、日本の小説家、漫画原作者。元アートミック所属で『機甲創世記モスピーダ』や『メガゾーン23』などのメカニックデザインを担当していた。現在は自身が代表の企画会社ダーツ所属。アートミックに所属する以前に模型雑誌ホビージャパンの編集者として活動した時期があり、同誌がキャラクターモデル中心の誌面構成へと転換するきっかけとなったムック『HOW TO BUILD GUNDAM』の編集にも携わった。その後同誌の編集者や主力ライターが離脱して立ち上げたモデルグラフィックスに、アートミック企画作品として『スターフロント・ガルフォース』を連載。この作品はモデルグラフィックス創刊時から看板連載として高い人気を誇り、後のOVA『ガルフォース』シリーズの基礎となった。現在はライトノベルの執筆や漫画の原作を手がける一方、ダーツに所属するアートミック時代からの僚友・小泉聰とともに模型系ムックの企画・編集・執筆でも活躍している。なお、彼が身につける衣服は全て「白い物」で統一されているのだが、その理由はある時、枕元に立った人物からのお告げによるものだという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 570973 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54133949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 柿沼 秀樹(かきぬま ひでき)は、日本の小説家、漫画原作者。元アートミック所属で『機甲創世記モスピーダ』や『メガゾーン23』などのメカニックデザインを担当していた。現在は自身が代表の企画会社ダーツ所属。アートミックに所属する以前に模型雑誌ホビージャパンの編集者として活動した時期があり、同誌がキャラクターモデル中心の誌面構成へと転換するきっかけとなったムック『HOW TO BUILD GUNDAM』の編集にも携わった。その後同誌の編集者や主力ライターが離脱して立ち上げたモデルグラフィックスに、アートミック企画作品として『スターフロント・ガルフォース』を連載。この作品はモデルグラフィックス創刊時から看板連載として高い人気を誇り、後のOVA『ガルフォース』シリーズの基礎となった。現在はライトノベルの執筆や漫画の原作を手がける一方、ダーツに所属するアートミック時代からの僚友・小泉聰とともに模型系ムックの企画・編集・執筆でも活躍している。なお、彼が身につける衣服は全て「白い物」で統一されているのだが、その理由はある時、枕元に立った人物からのお告げによるものだという。
rdfs:label
  • 柿沼秀樹
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:シリーズ構成 of
is prop-ja:メカニックデザイン of
is foaf:primaryTopic of