Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 柴田 康長(しばた やすなが、天正15年(1587年) - 寛永13年6月22日(1636年7月24日))は、江戸時代初期の旗本寄合。柴田七九郎康忠の子。通称、父と同じ七九郎を継ぐ。従五位下筑後守。室は永井直勝の娘。子に柴田康久、戸川安平室、高木正弘室、弓気多昌勝室、松平伊耀室、服部保重室、柴田康明。慶長5年(1600年)上田城攻めに本多正信隊に属して従軍。慶長9年、火の番頭となる。慶長18年、父康忠が没し家臣の不祥事により改易となり下野国足利に住む。しかし、大坂の役に従軍し、伊達政宗隊に属した。元和9年に赦され、寛永元年(1624年)、武蔵国大谷領(現・上尾市、さいたま市北区)3000石を賜り、向山村(現・上尾市向山・向山神明社境内付近)に陣屋を置く。翌年徒頭となり、寛永3年書院組頭となる。寛永10年上総国長柄郡において700石加増される。同年小姓組番頭となり、寛永13年(1636年)、書院番頭となるも領地にて没する。墓所は今泉村(現・上尾市)の十連寺。その後、康久、康利と続き、元禄11年(1698年)康利の代に丹波国に移封された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1366953 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 711 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 41771921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 柴田 康長(しばた やすなが、天正15年(1587年) - 寛永13年6月22日(1636年7月24日))は、江戸時代初期の旗本寄合。柴田七九郎康忠の子。通称、父と同じ七九郎を継ぐ。従五位下筑後守。室は永井直勝の娘。子に柴田康久、戸川安平室、高木正弘室、弓気多昌勝室、松平伊耀室、服部保重室、柴田康明。慶長5年(1600年)上田城攻めに本多正信隊に属して従軍。慶長9年、火の番頭となる。慶長18年、父康忠が没し家臣の不祥事により改易となり下野国足利に住む。しかし、大坂の役に従軍し、伊達政宗隊に属した。元和9年に赦され、寛永元年(1624年)、武蔵国大谷領(現・上尾市、さいたま市北区)3000石を賜り、向山村(現・上尾市向山・向山神明社境内付近)に陣屋を置く。翌年徒頭となり、寛永3年書院組頭となる。寛永10年上総国長柄郡において700石加増される。同年小姓組番頭となり、寛永13年(1636年)、書院番頭となるも領地にて没する。墓所は今泉村(現・上尾市)の十連寺。その後、康久、康利と続き、元禄11年(1698年)康利の代に丹波国に移封された。
rdfs:label
  • 柴田康長
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of