Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。現在の兵庫県神崎郡福崎町生まれで、最晩年に名誉町民第1号となった。没後に正三位勲一等。当時の池田首相が「民間人とはいえ、これだけの人物に瑞宝章では軽い」と発言し旭日大綬章が供えられた。元官僚で貴族院書記官長、終戦後から廃官に至るまで最後の枢密顧問官をつとめる。「日本人とは何か」その答えを求め、日本列島各地や当時の日本領の外地を調査旅行し、初期は山の生活に着目し、『遠野物語』で「願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ」と述べた。日本民俗学の開拓者で、多数の著作は今日まで重版され続けている。
dbpedia-owl:almaMater
dbpedia-owl:award
dbpedia-owl:birthDate
  • 1875-07-31 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:deathDate
  • 1962-08-08 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:education
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:nationality
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 13991 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18348 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59220429 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:almaMater
prop-ja:awards
  • 文化勲章受勲(1951年)
  • 正三位勲一等旭日大綬章受勲
prop-ja:birthDate
  • 1875-07-31 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ・兵庫県神崎郡福崎町
prop-ja:caption
  • 松岡家兄弟ら(前列右より、松岡鼎、松岡冬樹〔鼎の長男〕、鈴木博、後列右より、柳田國男、松岡輝夫〔映丘〕)
  • 弟・松岡静雄
  • 昭和初期
prop-ja:deathDate
  • 1962-08-08 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・東京都
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:education
prop-ja:genre
prop-ja:image
  • Matsuoka shizuo 松岡静雄 9143705.jpg
  • Matsuoka5brothers.JPG
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influences
prop-ja:language
prop-ja:name
  • 柳田 國男
  • (やなぎた くにお)
prop-ja:notableWorks
  • 『桃太郎の誕生』
  • 『海上の道』
  • 『蝸牛考』
  • 『遠野物語』(1910年)
prop-ja:occupation
prop-ja:relations
  • 本項の「家族・親族」及び「系譜」の節を参照
prop-ja:subject
  • 民俗学、日本思想、歴史、口承文学
prop-ja:width
  • 175 (xsd:integer)
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 柳田 國男(やなぎた くにお、1875年(明治8年)7月31日 - 1962年(昭和37年)8月8日)は、日本の民俗学者・官僚。現在の兵庫県神崎郡福崎町生まれで、最晩年に名誉町民第1号となった。没後に正三位勲一等。当時の池田首相が「民間人とはいえ、これだけの人物に瑞宝章では軽い」と発言し旭日大綬章が供えられた。元官僚で貴族院書記官長、終戦後から廃官に至るまで最後の枢密顧問官をつとめる。「日本人とは何か」その答えを求め、日本列島各地や当時の日本領の外地を調査旅行し、初期は山の生活に着目し、『遠野物語』で「願わくは之を語りて平地人を戦慄せしめよ」と述べた。日本民俗学の開拓者で、多数の著作は今日まで重版され続けている。
rdfs:label
  • 柳田國男
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 柳田 國男
  • (やなぎた くにお)
is dbpedia-owl:author of
is dbpedia-owl:creator of
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:author of
is prop-ja:caption of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:作者 of
is foaf:primaryTopic of