Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 柳 天成(りゅう てんせい、Liu Tiancheng、1817年 - 1870年)は、清末の苗民反乱の指導者。貴州省都匀府出身。1855年5月に蜂起し、柳五王と称した。7月に都匀府城に進攻し、11月には羅光明らと連合して、八寨庁城を占領した。1856年、再び都匀府城に進攻して占領したが、すぐに撤退している。1858年、麻哈州を陥落させ、再び都匀府城を占領した。その後、羅光明や潘新簡らと連合して、茘波・独山・都匀一帯を転戦した。さらにその後は李文彩と連合して茘波・独山を占領した。1869年6月、柳天成軍と貴州提督張文徳軍が羊安で交戦したが、柳天成軍は張文徳を負傷させ、清軍の大部分を殲滅する勝利をおさめた。柳天成軍は勢いに乗って三たび都匀府城を占領した。しかし翌年に都匀府が清軍の包囲を受けると、内部に裏切りが出て柳天成は殺害され、4月に都匀府は陥落した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1615228 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 677 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57706025 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 柳 天成(りゅう てんせい、Liu Tiancheng、1817年 - 1870年)は、清末の苗民反乱の指導者。貴州省都匀府出身。1855年5月に蜂起し、柳五王と称した。7月に都匀府城に進攻し、11月には羅光明らと連合して、八寨庁城を占領した。1856年、再び都匀府城に進攻して占領したが、すぐに撤退している。1858年、麻哈州を陥落させ、再び都匀府城を占領した。その後、羅光明や潘新簡らと連合して、茘波・独山・都匀一帯を転戦した。さらにその後は李文彩と連合して茘波・独山を占領した。1869年6月、柳天成軍と貴州提督張文徳軍が羊安で交戦したが、柳天成軍は張文徳を負傷させ、清軍の大部分を殲滅する勝利をおさめた。柳天成軍は勢いに乗って三たび都匀府城を占領した。しかし翌年に都匀府が清軍の包囲を受けると、内部に裏切りが出て柳天成は殺害され、4月に都匀府は陥落した。
rdfs:label
  • 柳天成
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of