Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 柏木 貨一郎(かしわぎ かいちろう、天保12年1月16日(1841年2月7日) - 明治31年(1898年)9月6日)は、明治時代の古美術鑑定家、収集家、工匠。名は政矩。号は探古、探古斎。江戸(東京)出身。神田和泉橋の糸屋・辻家に生まれる。幕府の大工棟梁・柏木家の養子となり、9代目を継ぐが、まもなく幕府が倒れた。明治維新後は文部省に勤務し、町田久成らとともに正倉院をはじめ古社寺の宝物調査にあたった。町田が博物館行政から離れた後、官職を辞したようである。古美術の鑑定家、収集家として知られ、龍池会の創設にも関わった。また、三井集会所(1898年)、益田孝邸、渋沢栄一邸など和風建築や茶室の設計を行った。著作に「集古印史」などがある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3075340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53245477 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 柏木 貨一郎(かしわぎ かいちろう、天保12年1月16日(1841年2月7日) - 明治31年(1898年)9月6日)は、明治時代の古美術鑑定家、収集家、工匠。名は政矩。号は探古、探古斎。江戸(東京)出身。神田和泉橋の糸屋・辻家に生まれる。幕府の大工棟梁・柏木家の養子となり、9代目を継ぐが、まもなく幕府が倒れた。明治維新後は文部省に勤務し、町田久成らとともに正倉院をはじめ古社寺の宝物調査にあたった。町田が博物館行政から離れた後、官職を辞したようである。古美術の鑑定家、収集家として知られ、龍池会の創設にも関わった。また、三井集会所(1898年)、益田孝邸、渋沢栄一邸など和風建築や茶室の設計を行った。著作に「集古印史」などがある。
rdfs:label
  • 柏木貨一郎
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of