Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 林泰曽(りんたいそう、1851年(咸豊元年) - 1894年(光緒21年))は清朝末期の軍人。字は凱士。清朝の北洋海軍の高級将校であり、北洋水師の左翼総兵と、北洋艦隊では当時最新鋭の鎮遠の艦長を兼ねていた。1894年の日清戦争での黄海海戦の後、入港する鎮遠が座礁した事の責任を取って自殺した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2152514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2423 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 65 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58820589 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:戦闘
prop-ja:所属政体
prop-ja:所属組織
  • 清国海軍
prop-ja:指揮
prop-ja:死没地
  • 山東省 威海衛 
prop-ja:氏名
  • 林 泰曽
prop-ja:没年月日
  • 1894 (xsd:integer)
prop-ja:生年月日
  • 1851 (xsd:integer)
prop-ja:生誕地
  • 福建省 侯官県
prop-ja:画像
  • 林泰曾.jpg
prop-ja:画像サイズ
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:賞罰
prop-ja:軍歴
  • 1871 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 林泰曽(りんたいそう、1851年(咸豊元年) - 1894年(光緒21年))は清朝末期の軍人。字は凱士。清朝の北洋海軍の高級将校であり、北洋水師の左翼総兵と、北洋艦隊では当時最新鋭の鎮遠の艦長を兼ねていた。1894年の日清戦争での黄海海戦の後、入港する鎮遠が座礁した事の責任を取って自殺した。
rdfs:label
  • 林泰曽
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of