林 房雄(はやし ふさお、1903年(明治36年)5月30日 - 1975年(昭和50年)10月9日)は、日本の小説家、文芸評論家。大分県大分市出身。本名は後藤 寿夫(ごとう ひさお)。戦後の一時期の筆名は白井 明。戦後は中間小説の分野で活動し、『息子の青春』、『妻の青春』などを出版し舞台上演され流行作家となった。

Property Value
dbo:abstract
  • 林 房雄(はやし ふさお、1903年(明治36年)5月30日 - 1975年(昭和50年)10月9日)は、日本の小説家、文芸評論家。大分県大分市出身。本名は後藤 寿夫(ごとう ひさお)。戦後の一時期の筆名は白井 明。戦後は中間小説の分野で活動し、『息子の青春』、『妻の青春』などを出版し舞台上演され流行作家となった。 (ja)
  • 林 房雄(はやし ふさお、1903年(明治36年)5月30日 - 1975年(昭和50年)10月9日)は、日本の小説家、文芸評論家。大分県大分市出身。本名は後藤 寿夫(ごとう ひさお)。戦後の一時期の筆名は白井 明。戦後は中間小説の分野で活動し、『息子の青春』、『妻の青春』などを出版し舞台上演され流行作家となった。 (ja)
dbo:activeYearsEndYear
  • 1974-01-01 (xsd:gYear)
dbo:activeYearsStartYear
  • 1925-01-01 (xsd:gYear)
dbo:almaMater
dbo:birthDate
  • 1903-05-30 (xsd:date)
dbo:birthName
  • 後藤 寿夫(ごとう ひさお) (ja)
  • 後藤 寿夫(ごとう ひさお) (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1975-10-09 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:influenced
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:pseudonym
  • 白井 明 (ja)
  • 白井 明 (ja)
dbo:restingPlace
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 291965 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 24243 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80585727 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:awards
  • 第13回文学界賞(1937年) (ja)
  • 第1回大衆雑誌懇話会賞(1947年) (ja)
  • 第13回文学界賞(1937年) (ja)
  • 第1回大衆雑誌懇話会賞(1947年) (ja)
prop-ja:birthDate
  • 1903-05-30 (xsd:date)
prop-ja:birthName
  • 後藤 寿夫(ごとう ひさお) (ja)
  • 後藤 寿夫(ごとう ひさお) (ja)
prop-ja:birthPlace
  • 大分県大分市大分港 (ja)
  • 大分県大分市大分港 (ja)
prop-ja:date
  • 2013 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • 1975-10-09 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 神奈川県鎌倉市 (ja)
  • 神奈川県鎌倉市 (ja)
prop-ja:debutWorks
  • 「日和見主義の誕生」(1925年) (ja)
  • 「林檎」(1926年) (ja)
  • 「日和見主義の誕生」(1925年) (ja)
  • 「林檎」(1926年) (ja)
prop-ja:influenced
prop-ja:name
  • 林 房雄 (ja)
  • (はやし ふさお) (ja)
  • 林 房雄 (ja)
  • (はやし ふさお) (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『西郷隆盛』(1942年-1948年、1964年-1970年) (ja)
  • 『壮年』(1936年) (ja)
  • 『大東亜戦争肯定論』(1964年) (ja)
  • 『妻の青春』(1952年) (ja)
  • 『息子の青春』(1950年) (ja)
  • 『続・大東亜戦争肯定論』(1965年) (ja)
  • 『青年』(1932年) (ja)
  • 『西郷隆盛』(1942年-1948年、1964年-1970年) (ja)
  • 『壮年』(1936年) (ja)
  • 『大東亜戦争肯定論』(1964年) (ja)
  • 『妻の青春』(1952年) (ja)
  • 『息子の青春』(1950年) (ja)
  • 『続・大東亜戦争肯定論』(1965年) (ja)
  • 『青年』(1932年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:period
  • 1925 (xsd:integer)
prop-ja:pseudonym
  • 白井 明 (ja)
  • 白井 明 (ja)
prop-ja:restingPlace
  • 鎌倉報国寺 (ja)
  • 鎌倉報国寺 (ja)
prop-ja:spouse
  • 繁子(妻) (ja)
  • 繁子(妻) (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 人1975年没 (ja)
  • 人1975年没 (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 林 房雄(はやし ふさお、1903年(明治36年)5月30日 - 1975年(昭和50年)10月9日)は、日本の小説家、文芸評論家。大分県大分市出身。本名は後藤 寿夫(ごとう ひさお)。戦後の一時期の筆名は白井 明。戦後は中間小説の分野で活動し、『息子の青春』、『妻の青春』などを出版し舞台上演され流行作家となった。 (ja)
  • 林 房雄(はやし ふさお、1903年(明治36年)5月30日 - 1975年(昭和50年)10月9日)は、日本の小説家、文芸評論家。大分県大分市出身。本名は後藤 寿夫(ごとう ひさお)。戦後の一時期の筆名は白井 明。戦後は中間小説の分野で活動し、『息子の青春』、『妻の青春』などを出版し舞台上演され流行作家となった。 (ja)
rdfs:label
  • 林房雄 (ja)
  • 林房雄 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 林 房雄 (ja)
  • (はやし ふさお) (ja)
  • 林 房雄 (ja)
  • (はやし ふさお) (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is dbo:writer of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:脚本 of
is foaf:primaryTopic of