Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 枕草子絵詞(まくらのそうしえことば)は、『枕草子』の日記章段の印象的な場面を抽出して絵画化した絵巻。枕草子絵巻(まくらのそうしえまき)とも言う。個人蔵、重要文化財。鎌倉末期、14世紀の初頭に成立。現存は一巻、詞・絵各七段のみだが、『看聞御記』(永享10年12月3日条、西暦1438年12月19日)に「清少納言枕草子絵二巻」とあり、現存本はその残闕といわれる。詞書に藍色の雲形文様を四隅に漉き込んだ料紙を使い、金銀泥で下絵を施してある。本文は三巻本系統、書風は伏見院流の二人の男性の筆と見られ、後光厳院をその一に当てる説もある。絵の方は女筆であり、伏見院皇女進子内親王の説もあるが不詳。ほぼ単色の墨絵で、僅かに唇に朱色を点した。人物の輪郭には細い墨の線を、髪や調度品には濃い焦墨を使いわけ、吹抜屋台・引目鉤鼻の技法を用いた。構図は精巧にして無機的で、白描大和絵の典型とされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 632547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1572 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 18 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51629968 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 枕草子絵詞(まくらのそうしえことば)は、『枕草子』の日記章段の印象的な場面を抽出して絵画化した絵巻。枕草子絵巻(まくらのそうしえまき)とも言う。個人蔵、重要文化財。鎌倉末期、14世紀の初頭に成立。現存は一巻、詞・絵各七段のみだが、『看聞御記』(永享10年12月3日条、西暦1438年12月19日)に「清少納言枕草子絵二巻」とあり、現存本はその残闕といわれる。詞書に藍色の雲形文様を四隅に漉き込んだ料紙を使い、金銀泥で下絵を施してある。本文は三巻本系統、書風は伏見院流の二人の男性の筆と見られ、後光厳院をその一に当てる説もある。絵の方は女筆であり、伏見院皇女進子内親王の説もあるが不詳。ほぼ単色の墨絵で、僅かに唇に朱色を点した。人物の輪郭には細い墨の線を、髪や調度品には濃い焦墨を使いわけ、吹抜屋台・引目鉤鼻の技法を用いた。構図は精巧にして無機的で、白描大和絵の典型とされる。
rdfs:label
  • 枕草子絵詞
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of