Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 松 貫四(まつ かんし)は歌舞伎作者の名跡。安永年間に一人、現代に一人おり、前者は後者の先祖にあたる。ただし後者が「二代目」を称していないので、正しくはどちらも単に「松貫四」である。(初 代)松貫四江戸結城座の芝居茶屋の主人、??–??。人形浄瑠璃を愛好する通人だったが、趣味が嵩じて浄瑠璃作者に。しかも専門職を尻目に人気作者となり、7作を残した。『戀娘昔八丈』(お駒才三)、『伽羅先代萩』(先代萩)、『遇曾我中村』など。(二代目)松貫四初代の後裔、1944– 。歌舞伎役者の二代目中村吉右衛門が歌舞伎作者として使う筆名。『再桜遇清水』、『巴御前』、『日向嶋景清』、『閻魔と政頼』など。 __DISAMBIG__
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 564031 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 499 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46905300 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 松 貫四(まつ かんし)は歌舞伎作者の名跡。安永年間に一人、現代に一人おり、前者は後者の先祖にあたる。ただし後者が「二代目」を称していないので、正しくはどちらも単に「松貫四」である。(初 代)松貫四江戸結城座の芝居茶屋の主人、??–??。人形浄瑠璃を愛好する通人だったが、趣味が嵩じて浄瑠璃作者に。しかも専門職を尻目に人気作者となり、7作を残した。『戀娘昔八丈』(お駒才三)、『伽羅先代萩』(先代萩)、『遇曾我中村』など。(二代目)松貫四初代の後裔、1944– 。歌舞伎役者の二代目中村吉右衛門が歌舞伎作者として使う筆名。『再桜遇清水』、『巴御前』、『日向嶋景清』、『閻魔と政頼』など。 __DISAMBIG__
rdfs:label
  • 松貫四
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of