Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 松葉崩し(まつばくずし)は、四十八手の一種である性交体位。松葉が交差するように男女が足をV字に開き、陰茎を膣に挿入する。陰茎が反り返って膣壁と摩擦するので、刺激は強くなる。お互いが位置を調整すると、股間が突き出されて根元までの深い挿入ができることがある。正常位の変形と見ることが出来、その形から、女性の片足を持ち上げ、もう片足を男性の片足が乗り越えるとこの形になる。ソフトにする場合、抱えた女性の片足を太股のあたりに抱え、ハードにするには、肩に担ぐ。足を大きく開くと、深い結合が得られるが、女性の足には負担が大きくなる。女性同士レスビアンの性行為においては、互いの性器をそれぞれの腰使いで上手に合わせる必要があるが、その難しさゆえの快楽を得られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 431095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1017 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 13 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59248963 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cleanup
  • --06-30
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典の明記
  • --06-30
prop-ja:参照方法
  • --09-05
prop-ja:独自研究
  • --06-30
prop-ja:雑多な内容の箇条書き
  • --06-30
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 松葉崩し(まつばくずし)は、四十八手の一種である性交体位。松葉が交差するように男女が足をV字に開き、陰茎を膣に挿入する。陰茎が反り返って膣壁と摩擦するので、刺激は強くなる。お互いが位置を調整すると、股間が突き出されて根元までの深い挿入ができることがある。正常位の変形と見ることが出来、その形から、女性の片足を持ち上げ、もう片足を男性の片足が乗り越えるとこの形になる。ソフトにする場合、抱えた女性の片足を太股のあたりに抱え、ハードにするには、肩に担ぐ。足を大きく開くと、深い結合が得られるが、女性の足には負担が大きくなる。女性同士レスビアンの性行為においては、互いの性器をそれぞれの腰使いで上手に合わせる必要があるが、その難しさゆえの快楽を得られる。
rdfs:label
  • 松葉崩し
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of