Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 松本 安親(まつもと やすちか、寛延2年 (1749年) - 文化7年3月25日 (1810年4月28日))は、江戸時代中期の伊勢国の土木技術者である。通称・宗十郎(そうじゅうろう)。伊勢国三重郡松本村(現在の三重県四日市市)の出身。父から土木技術を学んだ後、江戸に出て幕臣西村一作の指導を受ける。後に西村の推挙で江戸幕府の各地の土木工事に参加する。寛政元年(1789年)に帰郷後は安濃津藩の依頼を受けて岩田川・塔世川・部田川の治水工事を指揮し、流域の洪水を防止して13町歩余りの農地を得た。この功績によって開発された新農地に「松本崎村」の名が与えられてその里正に任じられ、その後も藩内の廃田再興や治水・開墾に従事した。それらの功績によって晩年は郷士に列せられた。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2026640 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 655 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48324532 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 松本 安親(まつもと やすちか、寛延2年 (1749年) - 文化7年3月25日 (1810年4月28日))は、江戸時代中期の伊勢国の土木技術者である。通称・宗十郎(そうじゅうろう)。伊勢国三重郡松本村(現在の三重県四日市市)の出身。父から土木技術を学んだ後、江戸に出て幕臣西村一作の指導を受ける。後に西村の推挙で江戸幕府の各地の土木工事に参加する。寛政元年(1789年)に帰郷後は安濃津藩の依頼を受けて岩田川・塔世川・部田川の治水工事を指揮し、流域の洪水を防止して13町歩余りの農地を得た。この功績によって開発された新農地に「松本崎村」の名が与えられてその里正に任じられ、その後も藩内の廃田再興や治水・開墾に従事した。それらの功績によって晩年は郷士に列せられた。
rdfs:label
  • 松本安親
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of