Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 松平 頼説(まつだいら よりひさ、安永7年2月27日(1778年3月25日) - 天保4年9月13日(1833年10月25日))は、常陸府中藩の第8代藩主。松平頼陽(第6代藩主・松平頼済の次男)の長男。母は鈴木氏。正室は熊本藩主・細川治年の娘・寧子。側室に鈴木氏、曾我氏、石川氏、大庭氏など。子に頼縄(長男)、中山信守(次男)、頼功(三男)、有馬広衆(四男)、谷衛滋(五男)、知久頼匡(六男)、信(水戸支流松平頼誠正室)、娘(松平頼善室のち畠山義宣継々々室)、娘(本堂親道正室のち鈴木重矩室)などがいる。官位は従四位下、兵部大輔、侍従、播磨守。幼名は兼太郎、弁次郎。寛政5年(1793年)11月、先代藩主の松平頼前の養嗣子となる。寛政7年(1795年)9月10日、頼前の隠居で跡を継いだ。藩校の創設や新田開発に尽力し、自身も教養に優れていたことから文学を奨励している。また、蹴鞠を趣味としており、飛鳥井雅威の門下として紫組の冠懸を許された。天保4年(1833年)9月13日、56歳で死去し、跡を長男の頼縄が継いだ。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 370188 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1159 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 55 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 53844089 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 松平 頼説(まつだいら よりひさ、安永7年2月27日(1778年3月25日) - 天保4年9月13日(1833年10月25日))は、常陸府中藩の第8代藩主。松平頼陽(第6代藩主・松平頼済の次男)の長男。母は鈴木氏。正室は熊本藩主・細川治年の娘・寧子。側室に鈴木氏、曾我氏、石川氏、大庭氏など。子に頼縄(長男)、中山信守(次男)、頼功(三男)、有馬広衆(四男)、谷衛滋(五男)、知久頼匡(六男)、信(水戸支流松平頼誠正室)、娘(松平頼善室のち畠山義宣継々々室)、娘(本堂親道正室のち鈴木重矩室)などがいる。官位は従四位下、兵部大輔、侍従、播磨守。幼名は兼太郎、弁次郎。寛政5年(1793年)11月、先代藩主の松平頼前の養嗣子となる。寛政7年(1795年)9月10日、頼前の隠居で跡を継いだ。藩校の創設や新田開発に尽力し、自身も教養に優れていたことから文学を奨励している。また、蹴鞠を趣味としており、飛鳥井雅威の門下として紫組の冠懸を許された。天保4年(1833年)9月13日、56歳で死去し、跡を長男の頼縄が継いだ。
rdfs:label
  • 松平頼説
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of