Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 松平 義昌(まつだいら よしまさ、慶安4年11月18日(1651年12月30日) - 正徳3年閏5月20日(1713年7月12日))は、江戸時代前期の大名。陸奥梁川藩の初代藩主。尾張藩主・徳川光友の長男。母は側室の勘解由小路(樋口信孝の娘)。後に光友の御簾中(正妻)千代姫(霊仙院)の養子となる。母が側室のため三男として扱われた。徳川綱誠、松平義行の庶兄に当たる。幼名は次郎太。通称出雲。初名義則。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 389123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1642 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 68 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58727988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 松平 義昌(まつだいら よしまさ、慶安4年11月18日(1651年12月30日) - 正徳3年閏5月20日(1713年7月12日))は、江戸時代前期の大名。陸奥梁川藩の初代藩主。尾張藩主・徳川光友の長男。母は側室の勘解由小路(樋口信孝の娘)。後に光友の御簾中(正妻)千代姫(霊仙院)の養子となる。母が側室のため三男として扱われた。徳川綱誠、松平義行の庶兄に当たる。幼名は次郎太。通称出雲。初名義則。
rdfs:label
  • 松平義昌
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:spouse of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of