Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 松平 勝長(まつだいら かつなが、元文2年8月14日(1737年9月8日) - 文化8年9月13日(1811年10月29日))は、江戸時代の画家、尾張藩士。幼名は勇之助。画号は鳳山。尾張藩主徳川宗勝の第六子で徳川勝長とも名乗った。子に睦英、勇丸がいる(共に早世)。江戸に生まれる。寛延元年(1748年)に元服し、勝長と名乗る。また、同年には従四位下左近衛権少将・掃部頭に任じられた。尾張侯画員の岩井正斎に絵を学び、画家としても活動した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2514024 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 656 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 23 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54140349 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 松平 勝長(まつだいら かつなが、元文2年8月14日(1737年9月8日) - 文化8年9月13日(1811年10月29日))は、江戸時代の画家、尾張藩士。幼名は勇之助。画号は鳳山。尾張藩主徳川宗勝の第六子で徳川勝長とも名乗った。子に睦英、勇丸がいる(共に早世)。江戸に生まれる。寛延元年(1748年)に元服し、勝長と名乗る。また、同年には従四位下左近衛権少将・掃部頭に任じられた。尾張侯画員の岩井正斎に絵を学び、画家としても活動した。
rdfs:label
  • 松平勝長
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is foaf:primaryTopic of