松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。満州鉄道総裁を務め、満州国の実力者「弐キ参スケ」の1人とされた。日本主席全権として国際連盟を脱退。第2次近衛内閣では外務大臣に就任し、日独伊三国同盟や日ソ中立条約締結を推進。しかしドイツのソ連侵攻後は南進論が大勢を占める政府で北進論を主張し、第3次近衛内閣発足を機に事実上外相を解任された。敗戦後、A級戦犯として極東国際軍事裁判公判中に病死した。外交官同士のジョセフ・グルーと親交があり、佐藤栄作は血縁のない甥にあたる(実の姪寛子の夫で妹の養子)。

Property Value
dbo:abstract
  • 松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。満州鉄道総裁を務め、満州国の実力者「弐キ参スケ」の1人とされた。日本主席全権として国際連盟を脱退。第2次近衛内閣では外務大臣に就任し、日独伊三国同盟や日ソ中立条約締結を推進。しかしドイツのソ連侵攻後は南進論が大勢を占める政府で北進論を主張し、第3次近衛内閣発足を機に事実上外相を解任された。敗戦後、A級戦犯として極東国際軍事裁判公判中に病死した。外交官同士のジョセフ・グルーと親交があり、佐藤栄作は血縁のない甥にあたる(実の姪寛子の夫で妹の養子)。 (ja)
  • 松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。満州鉄道総裁を務め、満州国の実力者「弐キ参スケ」の1人とされた。日本主席全権として国際連盟を脱退。第2次近衛内閣では外務大臣に就任し、日独伊三国同盟や日ソ中立条約締結を推進。しかしドイツのソ連侵攻後は南進論が大勢を占める政府で北進論を主張し、第3次近衛内閣発足を機に事実上外相を解任された。敗戦後、A級戦犯として極東国際軍事裁判公判中に病死した。外交官同士のジョセフ・グルーと親交があり、佐藤栄作は血縁のない甥にあたる(実の姪寛子の夫で妹の養子)。 (ja)
dbo:activeYearsEndDate
  • 1928-02-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1946-06-27 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:occupation
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:region
dbo:school
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 75236 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 32599 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81570299 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
  • --01-01
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • --07-22
  • --08-02
prop-ja:人名
  • 松岡 洋右 (ja)
  • 松岡 洋右 (ja)
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 山口県熊毛郡室積村(現・山口県光市) (ja)
  • 山口県熊毛郡室積村(現・山口県光市) (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:前職
prop-ja:国旗
  • JPN (ja)
  • JPN (ja)
prop-ja:就任日
  • --02-21
  • --07-22
prop-ja:当選回数
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
  • 無所属 (ja)
  • (立憲政友会→) (ja)
  • (政党解消連盟→) (ja)
  • 無所属 (ja)
  • (立憲政友会→) (ja)
  • (政党解消連盟→) (ja)
prop-ja:死没地
  • 東京都文京区 (ja)
  • 東京都文京区 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1946-06-27 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --03-04
prop-ja:画像
  • Yōsuke Matsuoka.jpg (ja)
  • Yōsuke Matsuoka.jpg (ja)
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --07-18
  • --09-28
  • --12-28
prop-ja:退任理由
  • 政党解消連盟結成のため自ら辞職 (ja)
  • 政党解消連盟結成のため自ら辞職 (ja)
prop-ja:選挙区
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。満州鉄道総裁を務め、満州国の実力者「弐キ参スケ」の1人とされた。日本主席全権として国際連盟を脱退。第2次近衛内閣では外務大臣に就任し、日独伊三国同盟や日ソ中立条約締結を推進。しかしドイツのソ連侵攻後は南進論が大勢を占める政府で北進論を主張し、第3次近衛内閣発足を機に事実上外相を解任された。敗戦後、A級戦犯として極東国際軍事裁判公判中に病死した。外交官同士のジョセフ・グルーと親交があり、佐藤栄作は血縁のない甥にあたる(実の姪寛子の夫で妹の養子)。 (ja)
  • 松岡 洋右(まつおか ようすけ、1880年(明治13年)3月4日 - 1946年(昭和21年)6月27日)は、日本の外交官、政治家。満州鉄道総裁を務め、満州国の実力者「弐キ参スケ」の1人とされた。日本主席全権として国際連盟を脱退。第2次近衛内閣では外務大臣に就任し、日独伊三国同盟や日ソ中立条約締結を推進。しかしドイツのソ連侵攻後は南進論が大勢を占める政府で北進論を主張し、第3次近衛内閣発足を機に事実上外相を解任された。敗戦後、A級戦犯として極東国際軍事裁判公判中に病死した。外交官同士のジョセフ・グルーと親交があり、佐藤栄作は血縁のない甥にあたる(実の姪寛子の夫で妹の養子)。 (ja)
rdfs:label
  • 松岡洋右 (ja)
  • 松岡洋右 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 松岡 洋右 (ja)
  • 松岡 洋右 (ja)
is dbo:predecessor of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of