Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 松型駆逐艦(まつがたくちくかん)(書類上の分類は丁型駆逐艦)とは、太平洋戦争中日本海軍が昭和19年(1944年)より建造した戦時量産型駆逐艦である。神風型駆逐艦(初代)と並ぶ日本海軍最多の建造数(32隻)と最短の建造日数(約5ヶ月)を記録。そして最後に量産化された駆逐艦でもある。なお、橘以降の艦は、橘型/改松型/改丁型として区別されるが、派生型として本稿にて取り扱う。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 340183 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14658 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 226 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59193172 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 松型駆逐艦(まつがたくちくかん)(書類上の分類は丁型駆逐艦)とは、太平洋戦争中日本海軍が昭和19年(1944年)より建造した戦時量産型駆逐艦である。神風型駆逐艦(初代)と並ぶ日本海軍最多の建造数(32隻)と最短の建造日数(約5ヶ月)を記録。そして最後に量産化された駆逐艦でもある。なお、橘以降の艦は、橘型/改松型/改丁型として区別されるが、派生型として本稿にて取り扱う。
rdfs:label
  • 松型駆逐艦
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:クラス of
is foaf:primaryTopic of