Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 松前 泰広(まつまえ やすひろ、寛永2年(1625年) - 延宝8年9月24日(1680年11月15日))は、江戸幕府旗本。松前藩2代藩主松前公広の三男。母は蠣崎氏。幼名、竹松丸、甚五郎。通称甚十郎、八左衛門。兄に松前兼広(早逝)、松前氏広。弟に松前幸広(松前藩家老)ら。室は北条正房の娘。継室は牧野儀成の娘。子に松前嘉広、松前兼広、松前当広(初名直広)。寛永19年(1642年)3月、兄の氏広の名代として江戸に参勤をする。正保3年(1646年)12月4日、小姓組に列し、1000俵を賜り旗本となる。正保5年(1648年)に氏広が没した際、後継の高広が若年のため、これを後見する。寛文9年(1669年)にシャクシャインの戦いが勃発した時、藩主松前矩広が11歳の若年のため、幕府より討伐軍の総大将とされ、8月10日に子の嘉広、当広とともに松前に入る。国縫の家老蠣崎広林(蔵人)が率いる部隊と9月4日に合流し、1500丁の鉄砲をもってシャクシャインを敗走させた。そして10月22日、ビボク(現在の新冠町)でシャクシャインが和睦のために泰広の陣を訪れ酒宴を催した際、佐藤権左衛門の謀略によって殺害した。その後、蠣崎広林に命じてシブチャリを攻撃した。翌年、江戸に戻って蜂起鎮圧の旨を将軍に報告した。怠りなく日頃務めているので黄金2枚を賜る。また、アイヌを平定したため、常陸国真壁郡に500石を加増される。寛文12年(1672年)7月、蜂起以来抗戦を続けてきた浦川(現浦河町)のアイヌが和睦に応じて使者を国縫へ派遣したため、幕府より松前目付に任命され、3人の子を伴い松前に行き、事態を収束させた。延宝3年1月26日、使番より、5月19日日光目付となり、日光に赴く。12月26日、布衣を着ることを許される。延宝5年4月19日、再び日光に赴き目付代となる。延宝6年4月11日、松平乗久へ肥前国唐津城の城地引渡役を務める。9月4日、職を辞して小普請となる。延宝8年56歳で没する。法名は常雄。墓所は駒込の吉祥寺。
dbpedia-owl:alias
  • 常雄
  • 竹松丸/甚五郎(幼名)→泰広
  • 通称:甚十郎、八左衛門
dbpedia-owl:child
dbpedia-owl:deathDate
  • 2015-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:parent
dbpedia-owl:sibling
dbpedia-owl:spouse
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1647044 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1636 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58927611 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:兄弟
prop-ja:別名
  • 通称:甚十郎、八左衛門
prop-ja:墓所
  • 東京都豊島区駒込の吉祥寺
prop-ja:
  • 正室:北条氏長娘
  • 継室:牧野儀成娘
prop-ja:
prop-ja:幕府
  • 江戸幕府旗本
prop-ja:戒名
  • 常雄
prop-ja:改名
  • 竹松丸/甚五郎(幼名)→泰広
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --09-24
prop-ja:氏名
  • 松前泰広
prop-ja:氏族
prop-ja:父母
  • 父:松前公広、母:蠣崎氏
prop-ja:生誕
  • 寛永2年(1625年)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 松前 泰広(まつまえ やすひろ、寛永2年(1625年) - 延宝8年9月24日(1680年11月15日))は、江戸幕府旗本。松前藩2代藩主松前公広の三男。母は蠣崎氏。幼名、竹松丸、甚五郎。通称甚十郎、八左衛門。兄に松前兼広(早逝)、松前氏広。弟に松前幸広(松前藩家老)ら。室は北条正房の娘。継室は牧野儀成の娘。子に松前嘉広、松前兼広、松前当広(初名直広)。寛永19年(1642年)3月、兄の氏広の名代として江戸に参勤をする。正保3年(1646年)12月4日、小姓組に列し、1000俵を賜り旗本となる。正保5年(1648年)に氏広が没した際、後継の高広が若年のため、これを後見する。寛文9年(1669年)にシャクシャインの戦いが勃発した時、藩主松前矩広が11歳の若年のため、幕府より討伐軍の総大将とされ、8月10日に子の嘉広、当広とともに松前に入る。国縫の家老蠣崎広林(蔵人)が率いる部隊と9月4日に合流し、1500丁の鉄砲をもってシャクシャインを敗走させた。そして10月22日、ビボク(現在の新冠町)でシャクシャインが和睦のために泰広の陣を訪れ酒宴を催した際、佐藤権左衛門の謀略によって殺害した。その後、蠣崎広林に命じてシブチャリを攻撃した。翌年、江戸に戻って蜂起鎮圧の旨を将軍に報告した。怠りなく日頃務めているので黄金2枚を賜る。また、アイヌを平定したため、常陸国真壁郡に500石を加増される。寛文12年(1672年)7月、蜂起以来抗戦を続けてきた浦川(現浦河町)のアイヌが和睦に応じて使者を国縫へ派遣したため、幕府より松前目付に任命され、3人の子を伴い松前に行き、事態を収束させた。延宝3年1月26日、使番より、5月19日日光目付となり、日光に赴く。12月26日、布衣を着ることを許される。延宝5年4月19日、再び日光に赴き目付代となる。延宝6年4月11日、松平乗久へ肥前国唐津城の城地引渡役を務める。9月4日、職を辞して小普請となる。延宝8年56歳で没する。法名は常雄。墓所は駒込の吉祥寺。
rdfs:label
  • 松前泰広
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 松前泰広
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:兄弟 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of