Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 東郷 実賢(とうごう さねかた、宝永6年5月11日(1709年6月18日) - 安永9年3月25日(1780年4月29日))は、江戸時代中期の薩摩藩鹿児島城下士。剣術示現流宗家師範である東郷実満の4男。諱は実賢。通称は藤弥左衛門、後に善助。東郷位照や東郷実勝の異母弟(但し、示現流聞書喫録付録系図では実勝同母弟とも)であり母は二階堂源右衛門行格(「旧記雑録拾遺 伊地知季安著作集三」の『二階堂氏正統系図』参照)の娘で、伊集院俊方の同母弟である。伯母は島津綱貴の側室で伯父は二階堂行宅。上の2人の兄が遠島になり、さらに3番目の兄が伊集院家に養子入りしており、実満の子としては示現流東郷家に残った唯一の人物であったが、父の死後に家督相続した2つ年下の甥である実昉同様に若年ゆえに示現流を皆伝するまでにいたらず、門弟を統べる力量はなかった。島津吉貴の許可を得て、薬丸兼慶を東郷家の代理として指南させることにした。後に小野村西之谷(現在の鹿児島市小野)に移住。72歳で死去し、曹洞宗松原山南林寺に埋葬された。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1516553 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 752 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 31 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56572305 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 東郷 実賢(とうごう さねかた、宝永6年5月11日(1709年6月18日) - 安永9年3月25日(1780年4月29日))は、江戸時代中期の薩摩藩鹿児島城下士。剣術示現流宗家師範である東郷実満の4男。諱は実賢。通称は藤弥左衛門、後に善助。東郷位照や東郷実勝の異母弟(但し、示現流聞書喫録付録系図では実勝同母弟とも)であり母は二階堂源右衛門行格(「旧記雑録拾遺 伊地知季安著作集三」の『二階堂氏正統系図』参照)の娘で、伊集院俊方の同母弟である。伯母は島津綱貴の側室で伯父は二階堂行宅。上の2人の兄が遠島になり、さらに3番目の兄が伊集院家に養子入りしており、実満の子としては示現流東郷家に残った唯一の人物であったが、父の死後に家督相続した2つ年下の甥である実昉同様に若年ゆえに示現流を皆伝するまでにいたらず、門弟を統べる力量はなかった。島津吉貴の許可を得て、薬丸兼慶を東郷家の代理として指南させることにした。後に小野村西之谷(現在の鹿児島市小野)に移住。72歳で死去し、曹洞宗松原山南林寺に埋葬された。
rdfs:label
  • 東郷実賢
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of