Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 東経126度線(とうけい126どせん)は、本初子午線面から東へ126度の角度を成す経線である。北極点から北極海、アジア、太平洋、オーストラリア、インド洋、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。東経126度線は西経54度線と共に大円を形成する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2795542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6457 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 64 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48117930 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 東経126度線(とうけい126どせん)は、本初子午線面から東へ126度の角度を成す経線である。北極点から北極海、アジア、太平洋、オーストラリア、インド洋、南極海、南極大陸を通過して南極点までを結ぶ。東経126度線は西経54度線と共に大円を形成する。
rdfs:label
  • 東経126度線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of