Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 東濃鉄道モハ110形電車(とうのうてつどうモハ110がたでんしゃ)は、東濃鉄道が同社駄知線にて運用する目的で導入した電車(制御電動車)である。編成を組成する制御車クハ210形ともども、西武鉄道より同社モハ151形・クハ1151形を譲り受けたもので、1964年(昭和39年)と1966年(昭和41年)の2度にわたって、モハ110形111・112およびクハ210形211・212の計4両が導入され、2両編成2本を組成し運用された。1974年(昭和49年)10月の駄知線全線廃止後は、総武流山電鉄(現・流鉄)と名古屋鉄道(名鉄)へ各1編成ずつ譲渡され、総武流山鉄道譲渡車両はモハ1000形・クハ50形、名鉄譲渡車両は3790系の形式がそれぞれ付与された。譲渡先においては、前者は1988年(昭和63年)まで、後者は1985年(昭和60年)まで、それぞれ運用された。以下、本項ではモハ110形およびクハ210形の両形式について、東濃鉄道在籍当時から譲渡先における動向まで詳述する。
dbpedia-owl:capacity
  • 112 (xsd:integer)
dbpedia-owl:manufacturer
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 486958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 16116 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 123 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56458313 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:caption
  • 総武流山電鉄クハ55
  • 総武流山電鉄モハ1002
  • (元東濃クハ211)
  • (元東濃モハ111)
prop-ja:image
  • 総武流山電鉄・クハ55.jpg
  • 総武流山電鉄・流山駅・モハ1002.jpg
prop-ja:pxl
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:unit
  • self
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主電動機
  • 直流直巻電動機 WH-556-J6
prop-ja:主電動機出力
  • 75.0
prop-ja:備考
  • 数値はモハ111・モハ112
  • (東濃鉄道在籍当時)
prop-ja:全幅
  • 2715.0
prop-ja:全長
  • 17100.0
prop-ja:全高
  • 4040.0
prop-ja:制動方式
  • AMM自動空気ブレーキ
prop-ja:制御装置
prop-ja:台車
prop-ja:定格速度
  • 40.23
prop-ja:搭載数
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:歯車比
  • 3.940000 (xsd:double)
prop-ja:画像
  • Meitetsu 3791F higashi-nagoyako.jpg
prop-ja:画像説明
  • 名鉄3790系3791編成(元東濃112編成)
prop-ja:社色
  • #C00029
prop-ja:編成両数
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:製造メーカー
prop-ja:車両名
  • 東濃鉄道モハ110形電車名鉄3790系電車
  • 総鉄モハ1000形・クハ50形電車
prop-ja:車両定員
  • 112 (xsd:integer)
prop-ja:車両重量
  • 34.0
prop-ja:車体材質
  • 全鋼製
prop-ja:軌間
  • 1067 (xsd:integer)
prop-ja:電気方式
  • 直流1,500 V(架空電車線方式)
prop-ja:駆動装置
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 東濃鉄道モハ110形電車(とうのうてつどうモハ110がたでんしゃ)は、東濃鉄道が同社駄知線にて運用する目的で導入した電車(制御電動車)である。編成を組成する制御車クハ210形ともども、西武鉄道より同社モハ151形・クハ1151形を譲り受けたもので、1964年(昭和39年)と1966年(昭和41年)の2度にわたって、モハ110形111・112およびクハ210形211・212の計4両が導入され、2両編成2本を組成し運用された。1974年(昭和49年)10月の駄知線全線廃止後は、総武流山電鉄(現・流鉄)と名古屋鉄道(名鉄)へ各1編成ずつ譲渡され、総武流山鉄道譲渡車両はモハ1000形・クハ50形、名鉄譲渡車両は3790系の形式がそれぞれ付与された。譲渡先においては、前者は1988年(昭和63年)まで、後者は1985年(昭和60年)まで、それぞれ運用された。以下、本項ではモハ110形およびクハ210形の両形式について、東濃鉄道在籍当時から譲渡先における動向まで詳述する。
rdfs:label
  • 東濃鉄道モハ110形電車
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 東濃鉄道モハ110形電車名鉄3790系電車
  • 総鉄モハ1000形・クハ50形電車
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of