Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 東洋大学現代学生百人一首(とうようだいがくげんだいがくせいひゃくにんいっしゅ)は、1987年(昭和62年)に東洋大学が始めたイベント。もともとは当時東洋大学の学長を務めていた歌人である神作光一が大学の知を社会へ還元する東洋大学創立100周年記念事業としてはじめたものである。でもあった。「現代学生のものの見方・生活感覚」をテーマに日本全国の小学生・中学生・高校生・高等専門学校生・大学生・短期大学生・専門学校生・専修学校生・各種学校生・および予備校生が歌った短歌を申し込み対象としている。毎年60000首を超える応募があり、教育の一環として学校全体で取り組むケースも増えている。入選作が発表されると共同通信社・時事通信社が全世界へ向けて記事を配信するほか、朝日新聞の天声人語などの新聞コラムや日本テレビ系列のTHE・サンデーなど、さまざまなメディアで取り上げられている。最近ではBLOGで入選作を引用して自分なりの意見を書く人も多く、第一生命のサラリーマン川柳、住友生命の創作四字熟語、日本漢字能力検定協会の今年の漢字、自由国民社の新語・流行語大賞と並んで、現代の世相を反映する一つの指標、特に現代の児童・生徒・学生が何を考えているのかを判断する指標として使われることが多い。選考は、東洋大学「現代学生百人一首」選考委員会が行う。当初、選考委員長は発案者である神作光一が務めていたが、現在は神田重幸が務めている。入選作はウェブ上に掲載されるほか、毎年東洋大学から入選作品を収録した冊子が発行される。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 347082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1351 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 45 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 45302384 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 東洋大学現代学生百人一首(とうようだいがくげんだいがくせいひゃくにんいっしゅ)は、1987年(昭和62年)に東洋大学が始めたイベント。もともとは当時東洋大学の学長を務めていた歌人である神作光一が大学の知を社会へ還元する東洋大学創立100周年記念事業としてはじめたものである。でもあった。「現代学生のものの見方・生活感覚」をテーマに日本全国の小学生・中学生・高校生・高等専門学校生・大学生・短期大学生・専門学校生・専修学校生・各種学校生・および予備校生が歌った短歌を申し込み対象としている。毎年60000首を超える応募があり、教育の一環として学校全体で取り組むケースも増えている。入選作が発表されると共同通信社・時事通信社が全世界へ向けて記事を配信するほか、朝日新聞の天声人語などの新聞コラムや日本テレビ系列のTHE・サンデーなど、さまざまなメディアで取り上げられている。最近ではBLOGで入選作を引用して自分なりの意見を書く人も多く、第一生命のサラリーマン川柳、住友生命の創作四字熟語、日本漢字能力検定協会の今年の漢字、自由国民社の新語・流行語大賞と並んで、現代の世相を反映する一つの指標、特に現代の児童・生徒・学生が何を考えているのかを判断する指標として使われることが多い。選考は、東洋大学「現代学生百人一首」選考委員会が行う。当初、選考委員長は発案者である神作光一が務めていたが、現在は神田重幸が務めている。入選作はウェブ上に掲載されるほか、毎年東洋大学から入選作品を収録した冊子が発行される。
rdfs:label
  • 東洋大学現代学生百人一首
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of