Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • この項目では、群馬県にかつて複数の東村(あずまむら、あづまむら)が存在していたことについて記述する。ひとつの県に同名の市町村があることは珍しいことだが、群馬県では1889年の町村制施行に伴い、5ヶ所の「東村」が新設された。群馬・利根の2郡にあった東村は1950年代のいわゆる「昭和の大合併」によって廃止されたが、佐波・勢多・吾妻の3郡にあった東村は2005 - 2006年のいわゆる「平成の大合併」で廃止されるまで存続していた。多数の東村が設立されたのは、ヤマトタケルが東征の帰路で「アズマハヤ(わが妻よ)」と亡き妻を偲んだ伝説に由来すると考えられている。混同を避けるため、群馬県内では「勢多東」のように郡名を添えて区別していた。勢多郡東村(現みどり市)の富弘美術館を訪れようとした観光客が、誤って吾妻郡東村に来てしまうということもあった。 群馬郡東村は、1954年(昭和29年)4月1日の前橋市への編入に伴い廃止された。今日の市の南西部、JR新前橋駅から南の一帯にあたる。 利根郡東村は、1956年(昭和31年)9月30日に利根郡赤城根村と合併し利根村(2005年に沼田市と合併)となり廃止された。 佐波郡東村は、2005年(平成17年)1月1日に伊勢崎市との合併により廃止された。 勢多郡東村は、2006年(平成18年)3月27日に山田郡大間々町、新田郡笠懸町と合併しみどり市となり廃止された。 吾妻郡東村は、2006年(平成18年)3月27日に吾妻郡吾妻町と合併し東吾妻町となり廃止された。読み仮名は「あづまむら」と表記された。↑ 1.0 1.1 1.2 ↑ 2.0 2.1
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 75259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1513 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 46 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 41936060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • この項目では、群馬県にかつて複数の東村(あずまむら、あづまむら)が存在していたことについて記述する。ひとつの県に同名の市町村があることは珍しいことだが、群馬県では1889年の町村制施行に伴い、5ヶ所の「東村」が新設された。群馬・利根の2郡にあった東村は1950年代のいわゆる「昭和の大合併」によって廃止されたが、佐波・勢多・吾妻の3郡にあった東村は2005 - 2006年のいわゆる「平成の大合併」で廃止されるまで存続していた。多数の東村が設立されたのは、ヤマトタケルが東征の帰路で「アズマハヤ(わが妻よ)」と亡き妻を偲んだ伝説に由来すると考えられている。混同を避けるため、群馬県内では「勢多東」のように郡名を添えて区別していた。勢多郡東村(現みどり市)の富弘美術館を訪れようとした観光客が、誤って吾妻郡東村に来てしまうということもあった。 群馬郡東村は、1954年(昭和29年)4月1日の前橋市への編入に伴い廃止された。今日の市の南西部、JR新前橋駅から南の一帯にあたる。 利根郡東村は、1956年(昭和31年)9月30日に利根郡赤城根村と合併し利根村(2005年に沼田市と合併)となり廃止された。 佐波郡東村は、2005年(平成17年)1月1日に伊勢崎市との合併により廃止された。 勢多郡東村は、2006年(平成18年)3月27日に山田郡大間々町、新田郡笠懸町と合併しみどり市となり廃止された。 吾妻郡東村は、2006年(平成18年)3月27日に吾妻郡吾妻町と合併し東吾妻町となり廃止された。読み仮名は「あづまむら」と表記された。↑ 1.0 1.1 1.2 ↑ 2.0 2.1
rdfs:label
  • 東村 (群馬県)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of