Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 東方正教会文明(とうほうせいきょうかいぶんめい)とは正教会(東方正教会)を主要な宗教としている国を指す。ロシア正教会文明、ロシア文明とも呼ばれる。ただし「ロシア正教会」は組織名であり、教派全体としての名は正教会もしくは東方正教会が正しい。ブルガリア正教会・ロシア正教会・ギリシャ正教会・ルーマニア正教会などの各国・各地域の正教会は、それぞれが独立した教会組織を構成しつつ、正教会としての連帯を保っている。主な国はロシア、ギリシャ、ウクライナ、ルーマニア、セルビアなど東欧やバルカン半島の国に多い。東ローマ帝国(395年 - 1453年)から発生し、東ローマ帝国の滅亡後は、ロシアが東方正教会文明の中心国になったと考えられている。なお正教会はキリスト教の一派なのでシュペングラーやブライジヒなどは西洋文明の一部と考察する研究者も存在する。「文明」の概念は必ずしも一致した定義を与えているとは言えない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1189271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2743 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 77 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57383050 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 東方正教会文明(とうほうせいきょうかいぶんめい)とは正教会(東方正教会)を主要な宗教としている国を指す。ロシア正教会文明、ロシア文明とも呼ばれる。ただし「ロシア正教会」は組織名であり、教派全体としての名は正教会もしくは東方正教会が正しい。ブルガリア正教会・ロシア正教会・ギリシャ正教会・ルーマニア正教会などの各国・各地域の正教会は、それぞれが独立した教会組織を構成しつつ、正教会としての連帯を保っている。主な国はロシア、ギリシャ、ウクライナ、ルーマニア、セルビアなど東欧やバルカン半島の国に多い。東ローマ帝国(395年 - 1453年)から発生し、東ローマ帝国の滅亡後は、ロシアが東方正教会文明の中心国になったと考えられている。なお正教会はキリスト教の一派なのでシュペングラーやブライジヒなどは西洋文明の一部と考察する研究者も存在する。「文明」の概念は必ずしも一致した定義を与えているとは言えない。
rdfs:label
  • 東方正教会文明
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of