Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 東山学院(とうざんがくいん、Steele Memorial Academy)は明治時代から昭和初期にかけて、長崎県長崎市にあったアメリカ・オランダ改革派教会系のミッションスクールである。長崎に赴任したアメリカ・オランダ改革派教会のヘンリー・スタウト宣教師は、明治5年(1873年)に佐賀藩の藩校広運館の教師を辞任して、夜間の英語塾を始め、聖書と英語を教えた。広運館の生徒が10人ほど集まった。1881年に日本基督一致教会の西部中会が設立されると、スタウトは、ユージーン・ブース宣教師や青山昇三郎らと神学校管理委員会を設立して、神学校の設立に向けて動き出した。1884年に来日した婦人宣教師メリー・E・ブロカウが女子学校(後に梅香崎女学校から下関梅光女学院を経て現在の梅光学院)を整備して、1886年に来日したアルバート・オルトマンスが男子校を整備して、1887年にスティール・アカデミー神学部を設立した。東山学院は神学部と普通部の2部で構成された。神学部に進むためには、普通部で一般教養を学ぶ必要があった。初代院長はオルトマンスがなった。1891年には最初で最後の日本人院長大儀見元一郎が院長になった。大儀見院長時代の1892年頃に東山学院と呼ばれるようになった。1895年よりスタウトが3年間アメリカに戻っている間に神学部の生徒が激減する。1897年には神学教育が中止される。1932年に財政難のために明治学院第二中学部東山学院となった後、翌年閉校する。生徒は鎮西学院に移った。跡地には長崎カトリック神学院が一時的に入った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2806372 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1292 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 42 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57949957 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 東山学院(とうざんがくいん、Steele Memorial Academy)は明治時代から昭和初期にかけて、長崎県長崎市にあったアメリカ・オランダ改革派教会系のミッションスクールである。長崎に赴任したアメリカ・オランダ改革派教会のヘンリー・スタウト宣教師は、明治5年(1873年)に佐賀藩の藩校広運館の教師を辞任して、夜間の英語塾を始め、聖書と英語を教えた。広運館の生徒が10人ほど集まった。1881年に日本基督一致教会の西部中会が設立されると、スタウトは、ユージーン・ブース宣教師や青山昇三郎らと神学校管理委員会を設立して、神学校の設立に向けて動き出した。1884年に来日した婦人宣教師メリー・E・ブロカウが女子学校(後に梅香崎女学校から下関梅光女学院を経て現在の梅光学院)を整備して、1886年に来日したアルバート・オルトマンスが男子校を整備して、1887年にスティール・アカデミー神学部を設立した。東山学院は神学部と普通部の2部で構成された。神学部に進むためには、普通部で一般教養を学ぶ必要があった。初代院長はオルトマンスがなった。1891年には最初で最後の日本人院長大儀見元一郎が院長になった。大儀見院長時代の1892年頃に東山学院と呼ばれるようになった。1895年よりスタウトが3年間アメリカに戻っている間に神学部の生徒が激減する。1897年には神学教育が中止される。1932年に財政難のために明治学院第二中学部東山学院となった後、翌年閉校する。生徒は鎮西学院に移った。跡地には長崎カトリック神学院が一時的に入った。
rdfs:label
  • 東山学院
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of