東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある東寺真言宗の寺院。東寺は真言宗のであり、東寺真言宗の総本山である。教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる(名称については「」の節を参照)。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。 東寺は、平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。1934年(昭和9年)に国の史跡に指定、1994年(平成6年)12月には「古都京都の文化財」の構成資産として世界遺産に登録された。

Property Value
dbo:abstract
  • 東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある東寺真言宗の寺院。東寺は真言宗のであり、東寺真言宗の総本山である。教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる(名称については「」の節を参照)。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。 東寺は、平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。1934年(昭和9年)に国の史跡に指定、1994年(平成6年)12月には「古都京都の文化財」の構成資産として世界遺産に登録された。 (ja)
  • 東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある東寺真言宗の寺院。東寺は真言宗のであり、東寺真言宗の総本山である。教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる(名称については「」の節を参照)。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。 東寺は、平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。1934年(昭和9年)に国の史跡に指定、1994年(平成6年)12月には「古都京都の文化財」の構成資産として世界遺産に登録された。 (ja)
dbo:address
  • 京都府京都市南区九条町1 (ja)
  • 京都府京都市南区九条町1 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 71375 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 26240 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81301102 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:公式hp
prop-ja:公式hp名
  • 東寺 – 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺 (ja)
  • 東寺 – 世界遺産 真言宗総本山 教王護国寺 (ja)
prop-ja:別称
  • 左大寺 (ja)
  • 左大寺 (ja)
prop-ja:創建年
  • 延暦15年(796年) (ja)
  • 延暦15年(796年) (ja)
prop-ja:名称
  • 東寺 (ja)
  • 東寺 (ja)
prop-ja:地図
  • Japan Kyoto (ja)
  • Japan Kyoto (ja)
prop-ja:宗旨
prop-ja:寺格
  • 総本山 (ja)
  • 総本山 (ja)
prop-ja:山号
  • 八幡山 (ja)
  • 八幡山 (ja)
prop-ja:所在地
  • 京都府京都市南区九条町1 (ja)
  • 京都府京都市南区九条町1 (ja)
prop-ja:文化財
  • 世界遺産 (ja)
  • 絹本著色真言七祖像・不動明王坐像ほか(国宝) (ja)
  • 金堂・五重塔・御影堂 (ja)
  • 世界遺産 (ja)
  • 絹本著色真言七祖像・不動明王坐像ほか(国宝) (ja)
  • 金堂・五重塔・御影堂 (ja)
prop-ja:本尊
prop-ja:札所等
  • dbpedia-ja:都七福神
  • 京都十三仏霊場第12番 (ja)
  • 京都十二薬師霊場第2番 (ja)
  • 洛陽三十三所観音霊場第23番 (ja)
  • 真言宗十八本山第9番 (ja)
  • 神仏霊場巡拝の道第84番 (ja)
  • 西国愛染十七霊場第8番 (ja)
prop-ja:正式名
  • 弥勒八幡山総持普賢院 (ja)
  • 金光明四天王教王護国寺秘密伝法院 (ja)
  • 弥勒八幡山総持普賢院 (ja)
  • 金光明四天王教王護国寺秘密伝法院 (ja)
prop-ja:画像
  • 280 (xsd:integer)
prop-ja:開基
dct:subject
georss:point
  • 34.98036111111111 135.74769444444445
rdf:type
rdfs:comment
  • 東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある東寺真言宗の寺院。東寺は真言宗のであり、東寺真言宗の総本山である。教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる(名称については「」の節を参照)。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。 東寺は、平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。1934年(昭和9年)に国の史跡に指定、1994年(平成6年)12月には「古都京都の文化財」の構成資産として世界遺産に登録された。 (ja)
  • 東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある東寺真言宗の寺院。東寺は真言宗のであり、東寺真言宗の総本山である。教王護国寺(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる(名称については「」の節を参照)。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。 東寺は、平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。1934年(昭和9年)に国の史跡に指定、1994年(平成6年)12月には「古都京都の文化財」の構成資産として世界遺産に登録された。 (ja)
rdfs:label
  • 東寺 (ja)
  • 東寺 (ja)
owl:sameAs
geo:geometry
  • POINT(135.74769592285 34.980361938477)
geo:lat
  • 34.980362 (xsd:float)
geo:long
  • 135.747696 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 東寺 (ja)
  • 東寺 (ja)
foaf:page
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像の説明 of
is foaf:primaryTopic of