Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 東医宝鑑(とういほうかん、東醫寶鑑、トンイボガム、동의보감)は、李氏朝鮮時代の医書。23編25巻。許浚著。1613年に刊行され、朝鮮第一の医書として評価が高く、中国・日本を含めて広く流布した。(東アジアでは漢文が公文書に用いられたため、教養人は漢文の素養を持っており、書籍は翻訳の必要がなく交流が盛んであった。)初版本は光海君の1613年に発行され、重版が重ねられている。日本では江戸時代初の官版医書として、徳川吉宗の命で享保9年(1724年)に日本版が刊行されており、寛政11年(1799年)にも再版本が刊行されている。中国においては清代の乾隆28年(1763年)に乾隆版本が刊行されており、日本から版木が輸出され光緒16年(1890年)に日本再版本を元とした復刻本が出ている。2009年、ユネスコが主催する世界記録遺産にも登録された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 338529 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3252 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 150 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57948340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:hangeul
  • 동의보감
prop-ja:hanja
  • 東醫寶鑑
prop-ja:hiragana
  • とういほうかん
prop-ja:katakana
  • トンイボガム
prop-ja:latin
  • Dongui Bogam
prop-ja:picture
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • 東医宝鑑
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 東医宝鑑(とういほうかん、東醫寶鑑、トンイボガム、동의보감)は、李氏朝鮮時代の医書。23編25巻。許浚著。1613年に刊行され、朝鮮第一の医書として評価が高く、中国・日本を含めて広く流布した。(東アジアでは漢文が公文書に用いられたため、教養人は漢文の素養を持っており、書籍は翻訳の必要がなく交流が盛んであった。)初版本は光海君の1613年に発行され、重版が重ねられている。日本では江戸時代初の官版医書として、徳川吉宗の命で享保9年(1724年)に日本版が刊行されており、寛政11年(1799年)にも再版本が刊行されている。中国においては清代の乾隆28年(1763年)に乾隆版本が刊行されており、日本から版木が輸出され光緒16年(1890年)に日本再版本を元とした復刻本が出ている。2009年、ユネスコが主催する世界記録遺産にも登録された。
rdfs:label
  • 東医宝鑑
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of