Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『東京十夜』(とうきょうテンや)は、1950年(昭和25年)に弘和書房の雑誌『青春タイムス』に木崎恭三が連載した小説であり、同作を原作として同年に沼波功雄が監督し、秀映社が製作、東京映画配給が配給して公開した日本の長篇劇映画である。のちに1960年代に登場する「ピンク映画」の源流となる、「ベッドシーン」を売り物にした日本最初の映画であるとされる。
dbpedia-owl:cinematography
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:distributor
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2606516 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4295 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 81 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50288591 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:上映時間
  • 68 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • 東京十夜
prop-ja:公開
  • --10-28
prop-ja:出演者
prop-ja:原作
  • 木崎恭三
prop-ja:撮影
prop-ja:監督
prop-ja:脚本
prop-ja:製作会社
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • 東京映画配給
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『東京十夜』(とうきょうテンや)は、1950年(昭和25年)に弘和書房の雑誌『青春タイムス』に木崎恭三が連載した小説であり、同作を原作として同年に沼波功雄が監督し、秀映社が製作、東京映画配給が配給して公開した日本の長篇劇映画である。のちに1960年代に登場する「ピンク映画」の源流となる、「ベッドシーン」を売り物にした日本最初の映画であるとされる。
rdfs:label
  • 東京十夜
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 東京十夜
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of