Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 東(ひがし)は、四方位の一つで、極地以外でおおよそ太陽が昇る方位であり、地球の自転する方位である。反対の方位は西。南北が絶対的な位置関係にあるのに対して東西は相対的な位置関係にある。角度では、東は90°となり(北を0°=360°として、時計回りに測る)、時刻では、東は夜明けを表す。地図では、右側を東とする事が多い。ただし、星図では逆に左側を東とする。語源は太陽が登る方角という意味の「日向かし」(ヒムカシ)。なお沖縄方言では太陽が上がる方角という意味で「アガリ」と言う。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 7173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1917 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57966353 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 東(ひがし)は、四方位の一つで、極地以外でおおよそ太陽が昇る方位であり、地球の自転する方位である。反対の方位は西。南北が絶対的な位置関係にあるのに対して東西は相対的な位置関係にある。角度では、東は90°となり(北を0°=360°として、時計回りに測る)、時刻では、東は夜明けを表す。地図では、右側を東とする事が多い。ただし、星図では逆に左側を東とする。語源は太陽が登る方角という意味の「日向かし」(ヒムカシ)。なお沖縄方言では太陽が上がる方角という意味で「アガリ」と言う。
rdfs:label
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:caption of
is foaf:primaryTopic of