Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 村田銃(むらたじゅう)は、薩摩藩・日本陸軍の火器専門家だった村田経芳がフランスのグラース銃(金属薬莢用に改造されたシャスポー銃)の国産化を図る過程で開発し、明治13年(1880年)に日本軍が採用した最初の国産小銃。建軍当時の大日本帝国陸海軍は、陸軍がイギリス製のスナイドル銃、海軍が同マルティニ・ヘンリー銃を使用していたが、村田経芳が十三年式村田銃の製造に成功したことで、初めて「軍銃一定」(主力小銃の統一・一本化)が成し遂げられた。このことが後の日清戦争において、雑多な小銃を用いる清軍に対し、日本軍の優位につながる一因となった。村田銃の出現は火縄銃以来の300年の欧米とのギャップを埋め、国産銃を欧州の水準へ引き上げた。また、戦前戦後を通じて日本の猟銃の代名詞的な存在ともなった。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 469741 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 24643 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 187 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58669902 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
  • 海軍:マルティニ・ヘンリー銃
  • 陸軍:スナイドル銃
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1880 (xsd:integer)
prop-ja:バリエーション
  • [[#派生型]]
prop-ja:ライフリング
  • 5 (xsd:integer)
  • メトフォード式4条
prop-ja:作動方式
prop-ja:使用弾薬
  • 8 (xsd:integer)
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:全長
  • 1210 (xsd:integer)
  • 1178.0
  • 1278.0
  • 1294.0
prop-ja:口径
  • 8.0
  • 11.0
prop-ja:名称
  • 二十二年式村田連発銃
  • 十三年式小銃
  • 十八年式小銃
  • 十六年式騎銃
prop-ja:射程
  • 1500 (xsd:integer)
  • 1800 (xsd:integer)
  • 90000.0
  • 1,800m
prop-ja:戦争
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:種類
prop-ja:装弾数
  • 1 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:製造国
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:製造数
  • 80000 (xsd:integer)
  • 9000010000 (xsd:double)
  • 不明 不明
prop-ja:設計・製造
prop-ja:設計年
  • 1880 (xsd:integer)
  • 1883 (xsd:integer)
  • 1885 (xsd:integer)
  • 1889 (xsd:integer)
prop-ja:説明
  • 二十二年式村田連発銃
  • 十三年式単発村田銃
  • 十八年式単発村田銃
  • 十六年式騎銃
prop-ja:重量
  • 360 (xsd:integer)
  • 4000 (xsd:integer)
  • 4098.0
  • 4620.0
prop-ja:銃口初速
  • 400.200000 (xsd:double)
  • 435 (xsd:integer)
  • 437 (xsd:integer)
  • 35400.0
prop-ja:銃身長
  • 750 (xsd:integer)
  • 840.0
  • 740.0
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 村田銃(むらたじゅう)は、薩摩藩・日本陸軍の火器専門家だった村田経芳がフランスのグラース銃(金属薬莢用に改造されたシャスポー銃)の国産化を図る過程で開発し、明治13年(1880年)に日本軍が採用した最初の国産小銃。建軍当時の大日本帝国陸海軍は、陸軍がイギリス製のスナイドル銃、海軍が同マルティニ・ヘンリー銃を使用していたが、村田経芳が十三年式村田銃の製造に成功したことで、初めて「軍銃一定」(主力小銃の統一・一本化)が成し遂げられた。このことが後の日清戦争において、雑多な小銃を用いる清軍に対し、日本軍の優位につながる一因となった。村田銃の出現は火縄銃以来の300年の欧米とのギャップを埋め、国産銃を欧州の水準へ引き上げた。また、戦前戦後を通じて日本の猟銃の代名詞的な存在ともなった。
rdfs:label
  • 村田銃
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is foaf:primaryTopic of