Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 村木 毅(むらき たけし、1931年10月10日 -2010年10月15日 )は日本の医学者(解剖学)、外科医。医学博士。聖マリアンナ医科大学客員教授(解剖学)。臨床漢方医学にも造詣が深く現代漢方医の第一人者とされる。東京都千代田区出身。1958年東京慈恵会医科大学卒業。同大学第一外科学教室及び解剖学教室を経て、1963年テキサス大学に留学。1964年医学博士(東京慈恵会医科大学)、博士論文の題は 「関東地方日本人環椎の解剖学的研究/関東地方日本人軸椎の解剖学的研究」。 1965年2月横浜市立大学第二外科学教室、1966年4月東邦大学解剖学教室助教授。漢方医学は山田光胤に師事。1969年東京都大田区に村木外科胃腸科を開設。日本東洋医学会漢方専門医。日本外科学会外科専門医、日本消化器病学会消化器専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医。介護支援専門員。労働衛生コンサルタント。観世流名誉師範。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 877960 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1962 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 38 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51518137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 村木 毅(むらき たけし、1931年10月10日 -2010年10月15日 )は日本の医学者(解剖学)、外科医。医学博士。聖マリアンナ医科大学客員教授(解剖学)。臨床漢方医学にも造詣が深く現代漢方医の第一人者とされる。東京都千代田区出身。1958年東京慈恵会医科大学卒業。同大学第一外科学教室及び解剖学教室を経て、1963年テキサス大学に留学。1964年医学博士(東京慈恵会医科大学)、博士論文の題は 「関東地方日本人環椎の解剖学的研究/関東地方日本人軸椎の解剖学的研究」。 1965年2月横浜市立大学第二外科学教室、1966年4月東邦大学解剖学教室助教授。漢方医学は山田光胤に師事。1969年東京都大田区に村木外科胃腸科を開設。日本東洋医学会漢方専門医。日本外科学会外科専門医、日本消化器病学会消化器専門医、日本消化器外科学会消化器外科専門医。介護支援専門員。労働衛生コンサルタント。観世流名誉師範。
rdfs:label
  • 村木毅
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of