Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 村岡 範為馳(むらおか はんいち、嘉永6年(1853年) - 昭和4年(1929年)4月19日)は日本の物理学者。東京数学物理学会(現・日本数学会および日本物理学会)の初代会長、東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)の校長、京都帝国大学教授などを務めた。請願理学博士第一号。日本人として初めて外国の学術雑誌に主著論文が掲載されるとともに、ドイツ(当時)のシュトラスブルク大学で博士号を取得した。また、国内で初めてX線写真の撮影に成功している。近代日本の物理学分野において、教育・研究の両面で大きな役割を果たした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1077802 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 265 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58933994 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:almaMater
prop-ja:birthDate
  • 1853-02-14 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • 因幡国八上郡釜口村(現・鳥取県鳥取市河原町)
prop-ja:children
prop-ja:deathDate
  • 1929-04-20 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 三重県津市
prop-ja:degree
  • 哲学博士(シュトラスブルク大学・1881年)
  • 理学博士(日本・1891年)
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:institution
  • 東京数学物理学会
prop-ja:mainInterests
prop-ja:majorWorks
  • 『レントゲン氏 X放射線の話』(1896年)
  • 『実験音響学及音楽理論』(1917年)
prop-ja:name
  • 村岡 範為馳
prop-ja:title
  • 京都帝国大学名誉教授(1913年)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:workplaces
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 村岡 範為馳(むらおか はんいち、嘉永6年(1853年) - 昭和4年(1929年)4月19日)は日本の物理学者。東京数学物理学会(現・日本数学会および日本物理学会)の初代会長、東京音楽学校(現・東京芸術大学音楽学部)の校長、京都帝国大学教授などを務めた。請願理学博士第一号。日本人として初めて外国の学術雑誌に主著論文が掲載されるとともに、ドイツ(当時)のシュトラスブルク大学で博士号を取得した。また、国内で初めてX線写真の撮影に成功している。近代日本の物理学分野において、教育・研究の両面で大きな役割を果たした。
rdfs:label
  • 村岡範為馳
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of