Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 村山 三男(むらやま みつお、1920年4月1日 - 1979年7月29日)は、日本の映画監督。新潟県生まれ。戦前は、日活多摩川撮影所に入社。戦後は大映で助監督を務めながら、1951年3月1日、日本映画演劇労働組合連合(映演労連)の議長となった 。1956年、『東京犯罪地図』で監督デビュー。戦争映画の巨匠としても知られ、また、テレビドラマ『ザ・ガードマン』『右門捕物帖』『特捜最前線』『江戸の鷹』などの演出も担当。主に三船プロダクション制作作品での演出が多く、脚本家では津田幸夫(津田幸於)や池田一朗とのコンビが多かった。1955年に大映とショウ・ブラザーズが組んだ『楊貴妃』がきっかけとなって、1969年からショウ・ブラザーズに招かれて、穆時傑の名前で、『人頭馬 Dark Rendezvous』などの映画を監督した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1971422 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2369 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 52 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57103730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 村山 三男(むらやま みつお、1920年4月1日 - 1979年7月29日)は、日本の映画監督。新潟県生まれ。戦前は、日活多摩川撮影所に入社。戦後は大映で助監督を務めながら、1951年3月1日、日本映画演劇労働組合連合(映演労連)の議長となった 。1956年、『東京犯罪地図』で監督デビュー。戦争映画の巨匠としても知られ、また、テレビドラマ『ザ・ガードマン』『右門捕物帖』『特捜最前線』『江戸の鷹』などの演出も担当。主に三船プロダクション制作作品での演出が多く、脚本家では津田幸夫(津田幸於)や池田一朗とのコンビが多かった。1955年に大映とショウ・ブラザーズが組んだ『楊貴妃』がきっかけとなって、1969年からショウ・ブラザーズに招かれて、穆時傑の名前で、『人頭馬 Dark Rendezvous』などの映画を監督した。
rdfs:label
  • 村山三男
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:director of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:演出 of
is prop-ja:監督 of
is foaf:primaryTopic of