Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 村上 香住子(むらかみ かすみこ、1942年 - )は、日本の翻訳家、エッセイスト。数学者の村上茂之と、歌人の村上菊枝の四女として柳川に生まれる。1962年、20歳のとき、フランス人の学者と結婚し渡仏、2年間フランスで生活、その後ヴェトナム戦争下のサイゴンに住み、帰国。1974年より、フランス文学のボリス・ヴィアン、ミシェル・トゥルニエなどの翻訳。はじめ村上香住、その後、本名の村上香住子に戻し、ロシア出身の作家アンリ・トロワイヤによる伝記などを訳す。夫と離別。1982年に小説「伯爵夫人の黒いバッグ」を刊行。1985年にマガジンハウスのパリ支局長としてふたたびフランスに渡り、90年代半ばからは、「フィガロジャポン」のパリ支局長となり、20年以上にわたりカルチャーやファッションを中心にフランス文化についてエッセイを執筆している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1791954 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1745 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58363342 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 村上 香住子(むらかみ かすみこ、1942年 - )は、日本の翻訳家、エッセイスト。数学者の村上茂之と、歌人の村上菊枝の四女として柳川に生まれる。1962年、20歳のとき、フランス人の学者と結婚し渡仏、2年間フランスで生活、その後ヴェトナム戦争下のサイゴンに住み、帰国。1974年より、フランス文学のボリス・ヴィアン、ミシェル・トゥルニエなどの翻訳。はじめ村上香住、その後、本名の村上香住子に戻し、ロシア出身の作家アンリ・トロワイヤによる伝記などを訳す。夫と離別。1982年に小説「伯爵夫人の黒いバッグ」を刊行。1985年にマガジンハウスのパリ支局長としてふたたびフランスに渡り、90年代半ばからは、「フィガロジャポン」のパリ支局長となり、20年以上にわたりカルチャーやファッションを中心にフランス文化についてエッセイを執筆している。
rdfs:label
  • 村上香住子
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of